温仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
温仁親王
続柄 光格天皇第三皇子

全名 温仁(ますひと)
称号 儲君
身位 親王寛政12年3月26日(1800年4月19日
出生 寛政12年1月22日1800年2月15日
死去 寛政12年4月4日(1800年4月27日
父親 光格天皇
母親 中宮欣子内親王
テンプレートを表示

温仁親王(ますひとしんのう、寛政12年1月22日1800年2月15日) - 寛政12年4月4日(1800年4月27日))は、江戸時代皇族光格天皇の第三皇子。母は欣子内親王であり、後桃園天皇の女系の孫にあたる。同母弟に悦仁親王、異母弟に仁孝天皇(母:勧修寺婧子)がいる。

生涯[編集]

寛政12年3月7日(1800年3月31日)、生後僅か44日で儲君に治定され、3月26日(4月19日)に親王宣下を受けた。しかし、その僅か8日後、寛政12年4月4日(1800年4月27日)に薨御。儲君に治定されたものの践祚できなかった、唯一の例となっている。

母の欣子内親王は、後桃園天皇の唯一の子女である。自身と同母弟悦仁親王が嗣子なくして薨御した事により、中御門天皇(後桃園天皇の曽祖父)からの皇統は女系も含めて完全に途絶えてしまう。現在の皇室まで続く皇統は、異母弟であり勧修寺婧子を生母とする仁孝天皇が継いだ、閑院宮たる光格天皇系である。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
114 中御門天皇
 
 
 
 
 
閑院宮直仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
115 桜町天皇
 
 
 
 
 
典仁親王 (慶光天皇)
 
倫子女王
 
鷹司輔平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
117 後桜町天皇
 
116 桃園天皇
 
美仁親王
 
119 光格天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
118 後桃園天皇
 
 
 
 
 
120 仁孝天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桂宮淑子内親王
 
121 孝明天皇
 
和宮親子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
122 明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

墓は京都府京都市東山区今熊野泉山町の泉涌寺内にある月輪陵に、他の天皇のや塚と共にある。