渡邊高之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡邊 高之助
生誕 (1919-03-03) 1919年3月3日
出身地 日本の旗 日本 東京府 東京市 四谷区
死没 (2003-07-01) 2003年7月1日(84歳没)
日本の旗 日本 東京都 世田谷区
学歴 東京音楽学校
ジャンル クラシック音楽
職業 声楽家テノール
音楽教育者

渡邊 高之助(わたなべ たかのすけ、1919年(大正8年)3月3日[1] - 2003年(平成15年)7月1日[1])は、日本の声楽家テノール)、音楽教育者渡辺 高之助と表記されることがある[1]

経歴[編集]

東京府四谷区生まれ[1]。1941年(昭和16年)東京音楽学校声楽科卒業。木下保に師事。東京放送合唱団などで活躍。1952年(昭和27年)の二期会創立以来のメンバー[1][2]オペラ歌手として、二期会、グルリット・オペラ協会、長門美保歌劇団等、数多くのオペラに出演し、昭和音楽大学オペラ研究所に記録されているだけでも出演回数は58回にのぼる[3]

音楽教育面においては1958年(昭和33年)東京芸術大学助教授となり、1960年(昭和35年)声楽科主任、1969年(昭和44年)教授。1975年(昭和50年) - 1982年(昭和57年)同大附属音楽高校校長、1982年(昭和57年) - 1986年(昭和61年)音楽学部長を務めた。1986年(昭和61年)東京芸術大学名誉教授、二期会オペラスタジオ所長。1992年(平成4年)沖縄県立芸術大学音楽部長、1994年(平成6年)同大大学院音楽芸術研究科長[1]。後に同大学名誉教授[4]

門下生による「ぐるーぷ・なーべ」が組織されており、2019年10月5日には「第93回ぐるーぷ・なーべ演奏会 - 我らが師、渡邊高之助先生への憧憬 - 生誕100年によせて」が開催されている[5]。優れた門下生を多数輩出しており、高丈二田口興輔小林一男川上洋司星洋二高井治、富浦元公[6]、小川明子[7]、大門康彦[8]、辻秀幸[9]、砂崎香子[10]、箕輪健[11]吉田浩之[12]、佐藤ひさら[13]、板橋勝[14]、成田勝美[15]、上野律子[16]、福成紀美子[17]、秦貴美子[18]、伴真純[19]、枝川一也[20]、末廣正巳[21]市原多朗[22]三林輝夫[23]高橋啓三[24]、川村祐子[25]、渡辺葉子[26]、坂本弘國[27]、浦田隆司[28]、竹本絵里子[29]、大島博[30]、岡田三千枝[31]、宮崎千恵[32]、太刀川昭[33]、松尾健市[34]、川本愛子[35]、桑原英子[36]、岩本久美[37]、篠崎義昭[38]などがいる。

元・二期会会員。日本演奏連盟会員[1]。第6回日本歌曲コンクール審査員[39]

2003年(平成15年)7月1日、胃がんのため東京都世田谷区の病院で死去、84歳没[40]

渡邊の功績を讃え、二期会オペラ研修所本科修了生の中から、最優秀な者へ贈る「渡邊高之助賞」が制定されている[41]

受賞歴[編集]

  • 1953年(昭和28年)毎日音楽賞(伊庭賞)
  • 1959年(昭和34年)大阪芸術祭賞
  • 1989年(平成元年)勲二等瑞宝章

著書・監修[編集]

  • 標準版 リズムの練習 楽譜 渡辺高之助:監修 木村和子:著 2002年3月13日 ケイ・エム・ピー ISBN 978-4773214130
  • 標準版 リズムの練習 楽譜 渡辺高之助:監修 木村和子:著 2018年2月19日 ケイ・エム・ピー ISBN 978-4773243543
  • 標準版 ハ音記号による新曲視唱 楽譜 渡辺高之助:監修 木村和子・長恭子:著 2002年3月13日 ケイ・エム・ピー ISBN 978-4773214147
  • 標準版 ハ音記号による新曲視唱 楽譜 渡辺高之助:監修 木村和子・長恭子:著 2017年3月7日 ケイ・エム・ピー ISBN 978-4773242492

作曲作品[編集]

主なディスコグラフィー[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 渡辺高之助”. コトバンク. 2020年3月7日閲覧。
  2. ^ 「新芸」とその時代(8)二期会結成まで……戦後の音楽界Ⅱ”. 毎日新聞. 2020年3月8日閲覧。
  3. ^ 渡邊高之助”. 昭和音楽大学 オペラ情報センター. 2020年3月8日閲覧。
  4. ^ 教員総覧 名誉教授”. 沖縄県立芸術大学. 2020年3月7日閲覧。
  5. ^ 同声会からのイベント情報”. 東京藝術大学 音楽学部 同声会. 2020年3月7日閲覧。
  6. ^ 指導者プロフィール”. ベルカント唱法アカデミー東京. 2020年3月7日閲覧。
  7. ^ 日本の歌・童謡メドレー”. 御田八幡神社. 2020年3月7日閲覧。
  8. ^ 指導者紹介”. 男声合唱団フロイデ. 2020年3月7日閲覧。
  9. ^ 指導者紹介”. 大久保混声合唱団. 2020年3月7日閲覧。
  10. ^ 砂崎香子”. 国際芸術連盟. 2020年3月7日閲覧。
  11. ^ 指導者”. 混声合唱団コール・クライス. 2020年3月7日閲覧。
  12. ^ 吉田浩之”. 東京藝術大学. 20203-8閲覧。
  13. ^ 佐藤ひさら”. 国立音楽大学. 2020年3月8日閲覧。
  14. ^ 探求者の死”. 久富 ひろむ. 2020年3月8日閲覧。
  15. ^ プロフィール”. 九州交響楽団. 2020年3月8日閲覧。
  16. ^ ABOUT US”. Tessey Ueno Produce. 2020年3月8日閲覧。
  17. ^ 福成紀美子「第85回ぐるーぷ・なーべ演奏会 - 故渡邊高之助先生 没後10年記念演奏会 - 」”. くにたちオペラの森 関係者最新公演情報. 2020年3月8日閲覧。
  18. ^ 秦貴美子(ヴォイス・ティーチャー)”. 東京インターナショナル声楽アカデミー. 2020年3月8日閲覧。
  19. ^ Ban、 Masumi soprano”. アミーチ・デッラ・リリカ. 2020年3月8日閲覧。
  20. ^ 声楽と器楽の夕べ”. 広島大学. 2020年3月8日閲覧。
  21. ^ 団紹介”. 山口大学混声合唱団. 2020年3月8日閲覧。
  22. ^ アーティスト プロフィール”. TOPPAN HALL. 2020年3月8日閲覧。
  23. ^ 三林輝夫さん”. 今泉台町内会. 2020年3月8日閲覧。
  24. ^ 声楽家・高橋啓三 公開講座”. カワイ音楽振興会. 2020年3月8日閲覧。
  25. ^ 講師”. ひばり児童合唱団. 2020年3月8日閲覧。
  26. ^ 渡辺葉子”. 日本人オペラ名鑑. 2020年3月8日閲覧。
  27. ^ 第6回「春の声」声楽コンクール 受賞者発表コンサート”. ソレイユ音楽事務所. 2020年3月8日閲覧。
  28. ^ おともだち紹介”. GUITARIST田之村眞市のページ. 2020年3月8日閲覧。
  29. ^ プロフィール”. 竹本絵里子. 2020年3月8日閲覧。
  30. ^ 富岡・群響と第9をうたう会”. 富岡市. 2020年3月8日閲覧。
  31. ^ 岡田三千枝メゾソプラノリサイタル”. 二期会21. 2020年3月8日閲覧。
  32. ^ いきいき応援団第4回インタビュー オペラ歌手 宮崎千恵さん”. 港区立高輪いきいきプラザ. 2020年3月8日閲覧。
  33. ^ 太刀川 昭”. 静岡児童合唱団. 2020年3月8日閲覧。
  34. ^ プロフィール”. 京都オペラ座. 2020年3月8日閲覧。
  35. ^ プロフィール”. 浦安市老人クラブ連合会. 2020年3月8日閲覧。
  36. ^ 桑原英子”. 溝上日出夫ホームページ. 2020年3月8日閲覧。
  37. ^ 第33回平和学園クリスマスチャリティーパイプオルガンコンサート”. 平和学園・アレセイア湘南校友会. 2020年3月8日閲覧。
  38. ^ 指導陣のプロフィール”. 女声合唱団『シャン・クール』のプロフィール. 2020年3月8日閲覧。
  39. ^ 第6回日本歌曲コンクール”. 日本歌曲振興波の会. 2020年3月8日閲覧。
  40. ^ 渡辺高之助氏死去/テノール歌手、東京芸大名誉教授”. 四国新聞社. 2020年3月7日閲覧。
  41. ^ 平成27年度 事業計画書”. 公益財団法人 東京二期会. 2020年3月7日閲覧。
  42. ^ 渡邊高之助”. 国立国立国会図書館 歴史的音源. 2020年3月8日閲覧。
  43. ^ 信時潔:交声曲《海道東征》(字幕なし全曲版)”. YouTube. 2020年3月13日閲覧。
  44. ^ LPレコード 渡邊高之助の芸術・その心”. 日本の古本屋. 2020年3月7日閲覧。
  45. ^ 【CD】山田耕筰の遺産6 歌曲編VI”. TOWER RECORDS. 2020年3月7日閲覧。
  46. ^ 【CD】日本SP名盤復刻選集 II (日本語版); ローム・ミュージック・ファンデーション”. TOWER RECORDS. 2020年3月7日閲覧。
  47. ^ SP音源復刻盤 信時潔作品集成 オムニバス”. Joshin web ショップ. 2020年3月8日閲覧。
  48. ^ 二期会50周年記念CD”. Amazon. 2020年3月7日閲覧。
  49. ^ オルフ:カルミナ・ブラーナ(日本初演)(NHK交響楽団/エッシュバッハー)(N響アーカイブシリーズ)”. NAXOS. 2020年3月7日閲覧。