高橋啓三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 啓三
生誕 (1946-11-20) 1946年11月20日(74歳)
出身地 福島県 福島市
学歴 東京藝術大学
ジャンル クラシック音楽
職業 声楽家バスバリトン
音楽教育者

高橋 啓三(たかはし けいぞう、1946年(昭和21年)11月20日[1] - )は日本の声楽家バスバリトン)。音楽教育者

経歴[編集]

福島県福島市生まれ[2]。1972年(昭和47年)東京藝術大学音楽学部卒業[1][3]ヴァイオリンを立花和夫、声楽を大熊文子、磯谷威、渡邊高之助中山悌一疋田生次郎、コンラート・リヒターの諸氏に師事。

在学中に外山雄三指揮[3]藤原歌劇団公演プッチーニトスカ』アンジェロッティでデビュー。その後二期会を中心に藤原歌劇団、イタリア歌劇団(NHK)等の公演に出演[3]。主な役にモーツァルト魔笛』ザラストロ、ヴェルディリゴレット』スパラフチレ、ドニゼッティ愛の妙薬』ドゥルカマーラ、ワーグナータンホイザー』ヘルマン、團伊玖磨夕鶴』惣ど等がある。二期会創立40周年記念公演ワーグナー『神々の黄昏』(日本初演)ではハーゲンを演じる。続いてプッチーニ『ラ・ボエーム』コルリーネ、ヴェルディ『シモン・ボッカネグラ』ヤコポ・フィエスコ、ワーグナー『ラインの黄金』ファーフナー、ベートーヴェンフィデリオ』ロッコと立て続けに演じている[3]

福島国体記念・原嘉壽子『乙和の椿』佐藤基治、仙台開府四百年記念・三善晃『遠い帆』伊達政宗を仙台と東京で演じ2000年の再演にも出演[3]するなど、邦人の現代曲でも成果をあげている[2]

日生劇場開場40周年記念・ベルクルル』シゴルヒなど現代オペラの役柄も務めている[2]

オラトリオ等の分野でも、バッハマタイ受難曲』、『ヨハネ受難曲』、『ミサ ロ短調』、ハイドン天地創造』、メンデルスゾーンエリア』、ヘンデルメサイヤ』、ヴェルディ『レクイエム』、モーツァルト『レクイエム』、ドヴォルザークスターバト・マーテル』、ベートーヴェン『第九』など幅広いレパートリーを持ち[3]W.サヴァリッシュO.スィットナーJ.フルネR.マゼール等の指揮でNHK交響楽団定期をはじめ主要オーケストラと共演も多い。

二期会会員。東京音楽大学名誉教授。東京藝術大学講師。日本声楽アカデミー会員[3]

啓声会[編集]

教育活動にも力を注いでいる。高橋の門下生を中心とする声楽家の会「啓声会」が組織されており、数多くの優れた門下生を育てている。2015年(平成27年)現在で135名の会員が確認できるが、その中で運営事務局は以下の通りである[4]

  • 運営委員長:菅野宏昭
  • 事務局長:星洋二、事務局:大澤よしこ、利根川佳子
  • 企画・制作:安藤郁子、秋山隆典、相島百子、加藤史幸、辛島安妃子、倉石真志村文彦、杉野正隆、渡辺大
  • 広報:木村南海、佐藤志保、醍醐園佳、藤巻希美彦
  • 地方担当:坂寄和臣
  • 会計:高居洋子、徳間秀美、金子紗弓

主な受賞歴[編集]

主なディスコグラフィー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 高橋啓三”. 日本人オペラ名鑑. 2020年3月21日閲覧。
  2. ^ a b c 声楽家・高橋啓三 公開講座”. カワイ音楽振興会. 2020年3月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 高橋啓三”. 日本声楽家協会. 2020年3月21日閲覧。
  4. ^ 啓声会メンバー一覧”. 啓声会. 2020年3月21日閲覧。
  5. ^ 佐藤正浩、Masanori Kato: Aizu Opera Byacco”. TOWER RECORDS. 2020年5月6日閲覧。

外部リンク[編集]