渡邉智哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
わたなべ ちてつ
渡邉 智哲
生誕 (1907-03-05) 1907年3月5日
日本の旗 日本新潟県東頸城郡浦川原村(現・上越市浦川原区
死没 (2020-02-23) 2020年2月23日(112歳没)
日本の旗 日本・新潟県上越市浦川原区
死因老衰
住居日本の旗 日本新潟県上越市浦川原区
国籍日本の旗 日本
職業公務員
著名な実績
  • 世界最高齢男性(2019年1月20日 - 2020年2月23日)
  • 日本国内最高齢男性(2019年1月20日 - 2020年2月23日)
子供5人

渡邉 智哲(わたなべ ちてつ、1907年明治40年〉3月5日[1] - 2020年令和2年〉2月23日)は、日本スーパーセンテナリアン新潟県上越市浦川原区に在住していた長寿の男性。日本国内並びに世界最高齢男性であった野中正造2019年1月20日に死去して以来、日本国内及び世界最高齢男性となっていた(詳細は後述)。

人物[編集]

1907年(明治40年)、新潟県東頸城郡浦川原村(現・上越市浦川原区)の農家に生まれる。新潟県立高田農学校(現・新潟県立高田農業高等学校)卒業後、大日本製糖(現・大日本明治製糖)に入社し、終戦まで台湾で働いた[2]。戦後は家族と共に日本へ帰国し、新潟県の公務員として勤務し、浦川原村議会議員も務めた。定年退職後は農業に従事しながら趣味の盆栽などを楽しんだ。2015年平成27年)まで息子家族と同居生活を送っていたが、同年にインフルエンザに感染したのをきっかけに同区の介護老人保健施設「保倉の里」に入所した。固いもの以外は自分で食べることができ、新聞を読むのが日課。長寿の秘訣は「怒らない。いつも笑っていること」だという[1][3]

2019年1月20日、国内並びに世界男性最高齢者であった野中の死去に伴い、国内男性最高齢者になったことが厚生労働省によって明らかになった[1][3]。この記録は同年6月1日、ジェロントロジー・リサーチ・グループ(GRG)によって追認された[4]。なお男性長寿世界一については、1905年10月15日にドイツで生まれたグスタフ・ゲルネートドイツ語版とする説があったが、ゲルネートはGRG及びギネスブックで記録を認定されないまま2019年10月21日に114歳6日で死去した[4][5]

2020年2月12日ギネス・ワールド・レコーズ社より存命中の世界最高齢男性とする認定証が贈られ、ガッツポーズで応えた。この時点で孫が12人、ひ孫が16人、玄孫が1人おり[6]、報道陣より長寿の秘訣について尋ねられると「笑うこと」と答え、若者へのメッセージを問われると「世界中がんばれ」と話した[7]。その後、体調が悪化。

2020年2月23日午後11時10分、老衰のため入所していた上述の「保倉の里」で死去[8]。112歳355日没、113歳の誕生日のわずか11日前であった。

同い年の著名人に湯川秀樹市川右太衛門三木武夫がいる。

また、彼が生まれた時には松本良順水野忠敬フリードリヒ1世中山慶子沖田みつらが存命中であった。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “最高齢男性は新潟の渡辺智哲さん 上越市在住、111歳”. 共同通信. (2019年1月21日18時58分). http://www.kanaloco.jp/article/383797 2018年1月22日閲覧。 
  2. ^ 上越タウンジャーナル. “「サンキューベイビー!」国内最高齢男性の上越市の渡邉さん112歳 誕生日に村山市長がお祝い|上越タウンジャーナル” (日本語). 上越タウンジャーナル. 2019年12月2日閲覧。
  3. ^ a b “上越市の渡邉智哲さん111歳が国内最高齢男性に 「120歳まで頑張る」”. 上越タウンジャーナル. (2019年1月22日17時49分). https://www.joetsutj.com/articles/92497504 2018年1月22日閲覧。 
  4. ^ a b GRG World Supercentenarian Rankings List”. ジェロントロジー・リサーチ・グループ. 2019年8月28日閲覧。
  5. ^ 共同通信 (2019年10月23日). “世界最高齢の男性死去か 独の114歳 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2019年10月26日閲覧。
  6. ^ 毎日新聞 (2020年2月12日). “112歳・上越市の渡辺智哲さん 世界最高齢男性でギネスから公式認定証” (日本語). 毎日新聞. 2020年2月13日閲覧。
  7. ^ 読売新聞 (2020年2月12日). “長寿の秘訣は「笑うこと」…112歳の渡辺さん、ギネス世界記録” (日本語). 読売新聞. 2020年2月13日閲覧。
  8. ^ 男性世界最高齢の渡邉智哲さん死去 今月12日にギネス記録認定 112歳」『上越タウンジャーナル』デジコロ、2020年2月24日。2020年2月24日閲覧。

関連項目[編集]

  • 五十嵐丈吉(新潟県在住で国内男性最高齢であった人物)
  • 松永タセ(現在の新潟県上越市出身で国内最高齢であった人物)
記録
先代:
野中正造
存命男性のうち世界最高齢
2019年1月20日 - 2020年2月23日
次代:
ロバート・ウェイトン
先代:
野中正造
日本の旗 存命男性のうち日本最高齢
2019年1月20日 - 2020年2月23日
次代:
巴一作