野中正造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のなか まさぞう
野中 正造
生誕 (1905-07-25) 1905年7月25日
日本の旗 日本北海道足寄町
死没 (2019-01-20) 2019年1月20日(113歳没)
死因 老衰
住居 日本の旗 日本・北海道
国籍 日本の旗 日本
職業 農業、温泉業
著名な実績 世界男性最高齢(2018年1月29日 - 2019年1月20日)
日本男性最高齢(1905年10月29日 - 2019年1月20日)
益次郎(父)
キヨ(母)

野中 正造(のなか まさぞう[1]1905年明治38年)7月25日[2] - 2019年平成31年)1月20日)は、日本北海道足寄町在住の長寿の男性。2017年8月のイスラエル・クリスタルの死後、老人学研究団体ジェロントロジー・リサーチ・グループによって世界男性最高齢と認定された人物である[3]。しかし、後述のとおり実際にはスペイン在住のフランシスコ・ヌニェス・オリベラが男性世界一であり、2018年1月29日にオリベラが死去したことで野中が男性世界一となった。確証のある1905年生まれの男性としては最後の生き残りでもあった。また、明治30年代生まれの日本人男性最後の生き残りであった。

人物[編集]

1905年、足寄町上利別にて野中温泉の創業者である父・益次郎と母・キヨの間に生まれる。畑作との兼業で温泉を運営し、111歳の時点でなお温泉にて家族と暮らしており、1日3回の食事をとるほか、新聞も毎日読んでいた[1]。長寿の秘訣について、野中は新聞社の取材に「温泉のおかげ」と語っている[1]

2016年10月29日、日本男性最高齢の吉田正光が死去したことで、野中が存命する日本男性最高齢の人物となったことが同年12月14日に厚生労働省より認定された[1][4]。なお吉田の死が報道されたのは翌日の12月15日のことであった[1][4]

2017年8月11日、世界最高齢の男性イスラエル・クリスタルが113歳330日で死去し[3]、112歳17日の野中が老人学研究団体ジェロントロジー・リサーチ・グループ(ギネス世界記録の長寿記録の出典としても使われている。略称GRG。)によって年齢が検証された人物としては世界最高齢の男性となったとされた。同年8月7日に野中がGRGの年齢が検証された存命中の長寿者のリストに追加されてから僅か4日後のことであった[3]

GRGによる男性世界一認定後も、スペイン在住の男性フランシスコ・ヌニェス・オリベラ(Francisco Núñez Olivera)が野中より7ヶ月ほど早い1904年12月13日生まれとされ、世界最高齢の男性と報道されていた[5]。しかし出生時の記録など年齢を証明する確実な証拠が存在しないとされ[6]、GRGもオリベラの生存時には長寿記録を認定しなかった[3]。オリベラは2018年1月29日に113歳と47日で死去し[7]、2日後の同年1月31日にGRGはオリベラの生年月日が1904年12月13日であったとして認定した。これにより、クリスタルの次に男性長寿世界一となったのはオリベラであり、その死をもって112歳188日の野中が男性世界一となった。これにより、世界最高齢の田島ナビと共に存命中の男性の世界最高齢者と女性の世界最高齢者の両方を日本人が占めることとなった。2018年4月21日に田島が死去、その跡を継いだ都千代も7月22日に死去したが、引き続き日本人の田中カ子が世界最高齢であり、野中の死去まで日本人が男女で長寿世界一である状況に変わりはなかった。

2018年7月25日、113歳の誕生日を迎えた。日本人の男性が113歳を迎えるのは木村次郎右衛門以来約8年ぶりのことである[8]

2019年1月20日1時半頃、野中が息をしていないことを家族が気付き、その後死亡が確認された[9]。113歳179日没。

出典[編集]

[ヘルプ]
記録
先代:
フランシスコ・ヌニェス・オリベラ
存命男性のうち世界最高齢
2018年1月29日 - 2019年1月20日
次代:
グスタフ・ゲルネート
先代:
吉田正光
日本の旗 存命男性のうち日本最高齢
2016年10月29日 - 2019年1月20日
次代:
渡邉智哲