渡辺学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 学(渡邊 学、わたなべ まなぶ、1956年 - )は、日本の宗教学者ユング心理学研究者、南山大学教授。

千葉県生まれ。1979年上智大学文学部哲学科卒、82年同大学院博士前期課程修了、1986年シカゴ大学神学修士、1989年筑波大学大学院哲学・思想研究科倫理学専攻博士課程修了、「C.G.ユングにおける心と体験世界」で文学博士。南山大学人文学部助手、講師、助教授、教授。

学習院大学教授・ドイツ語学の渡辺学(1959 - )は別人。

著書[編集]

  • 『ユングにおける心と体験世界』春秋社 南山大学学術叢書 1991
  • 『ユング心理学と宗教』第三文明社 1994

翻訳[編集]

  • C.G.ユング『自我と無意識』松代洋一共訳 思索社 1984 のち第三文明社レグルス文庫
  • ジェームズ・ハイジック『ユングの宗教心理学 神の像をめぐって』纐纈康兵共訳 春秋社 1985
  • アイラ・プロゴフ『心理学の死と再生』春秋社 1989
  • ヘルムート・ハルク『木の夢 魂の根底について』春秋社 シリーズ夢の道しるべ 1992
  • ヴェレーナ・カースト『砂漠の夢 生の限界経験について』春秋社 シリーズ夢の道しるべ 1992
  • ギーゼラ・リース『火の夢 元素的な変容の力について』春秋社 シリーズ夢の道しるべ 1992
  • カリン・アンデルテン『水の夢 心のダイナミズムについて』春秋社 シリーズ「夢のみちしるべ」 1992
  • S.A.リーヴィ『精神分析と宗教』玉川大学出版部 1995
  • J.W.ジョーンズ『聖なるものの精神分析』玉川大学出版部 1997
  • F.X.チャレット『ユングとスピリチュアリズム』堀江宗正,葛西賢太,高橋原共訳 第三文明社 1997
  • ヨアヒム・ヴァッハ『宗教の比較研究』保呂篤彦,奥山倫明共訳 法藏館 叢書・現代世界と宗教 1999
  • ロバート・J・リフトン『終末と救済の幻想 オウム真理教とは何か』岩波書店 2000
  • ジーン・シノダ・ボーレン『タオこころの道しるべ』湯浅泰雄監訳 阿内正弘,白濱好明共訳 春秋社 2001
  • ハンス・G・キッペンベルク『宗教史の発見 宗教学と近代』月本昭男,久保田浩共訳 岩波書店 2005

監修[編集]

参考[編集]

  • 『ユング心理学と宗教』著者紹介 
  • 南山大学