阿内正弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿内 正弘(あうち まさひろ、1958年 - 2001年9月24日)は日本の哲学研究者。元淑徳大学教授。

来歴・人物[編集]

東京都大田区出身。世田谷区立用賀小学校、用賀中学校卒業。小学生の頃から天才肌で、株式に興味を持ち、後に母が自費出版した「正弘の日記」に、その細かな毎日の株式情報をすでに詳細に明記している。1977年慶應義塾高校、1981年慶應義塾大学経済学部卒業、1989年筑波大学大学院人文学類哲学専攻博士課程修了、文学博士号取得。 淑徳大学助教授、教授。

大のタイガースファン。お酒が大好きで、幾度か急性アルコール中毒で救急車のお世話になったことがある。鉄道を趣味とし全国の鉄道を制覇。二度目の制覇のため上越線に乗車中、持病が悪化したため急逝した。

用賀小学校、用賀中学校時代の1年先輩に現日本サッカー協会会長(FIFA理事)の田嶋幸三氏がいる。

また、乙武洋匡氏も用賀小学校、用賀中学校の後輩にあたる。

著書[編集]

  • マックス・シェーラーの時代と思想』春秋社 1995
  • 『理性の光と闇 理性の伝統から共感の伝統へ』北樹出版 1997
  • 『正弘の日記』阿内千鶴子編 北樹出版 2005

翻訳[編集]

参考[編集]