淡野安太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

淡野 安太郎(だんの やすたろう、1902年明治35年)7月2日 - 1967年昭和42年)9月28日[1][2])は、日本の哲学者兵庫県出身。京都帝国大学哲学科卒。台北帝国大学助教授、東京大学教養学部助教授、1957年教授、63年定年退官、学習院大学教授。専門はフランス哲学、社会思想史。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『社会哲学としての法律哲学』弘文堂書房〈新哲叢書 5〉、1948年7月。
  • 『哲学思索史 問題の展開を中心として観たる』白日書院、1949年4月。
  • 『フランス哲学入門』小石川書房、1949年6月。
  • 『哲学思想史 問題の展開を中心として観たる』勁草書房、1949年11月。
    • 『哲学思想史 問題の展開を中心として観たる』勁草書房、1962年4月、新版。
  • 『哲学の考え方』勁草書房、1951年11月。
  • 『哲学の考え方』勁草書房〈勁草文庫〉、1951年11月。
  • 『フランスの哲学』角川書店角川新書 22〉、1952年5月。
  • 『社会思想史』勁草書房、1952年9月。
    • 『社会思想史』勁草書房、1964年4月、新版。
  • 『哲学の歴史』宝文館〈NHK教養大学 19〉、1953年4月。
  • 『初期のマルクス 唯物史観の成立過程』勁草書房、1956年11月。
  • 『ベルグソン』勁草書房〈思想学説全書 1〉、1958年5月。
    • 『ベルグソン』勁草書房〈思想学説全書 1〉、1974年3月、改装版。
    • 『ベルグソン』勁草書房〈思想学説全書 1〉、1996年1月、新装版。ISBN 9784326198160
  • 『社会倫理思想史』勁草書房、1959年10月。
  • 『明治初期の思想 その特性と限界』勁草書房、1967年12月。
  • 『社会哲学としての法律哲学』学芸書房〈哲学選書〉、1968年12月。

編集[編集]

  • 『人文科学の名著』毎日新聞社〈毎日ライブラリー〉、1957年3月。

翻訳[編集]

共著[編集]

  • 「二十世紀精神序説」『二十世紀精神』鎌倉文庫〈人間選書 1〉、1949年2月、3-28頁。
  • 「ベルグソン哲学の方法について」『現代哲学の基礎問題 務台理作博士記念論文集』坂崎侃編、弘文堂、1951年5月、61-88頁。
  • 「思想の流れ」『青年と思想』文教書院〈現代青年選書 第2巻〉、1961年6月、11-76頁。

共編[編集]

  • 『現代の文章』淡野安太郎・岩淵悦太郎釘本久春編、学芸図書、1949年10月。
  • 『哲学研究入門』下村寅太郎・淡野安太郎編、小石川書房、1949年9月。
  • 『大学生の読書 何をいかに読むべきか』麻生磯次木村健康玉虫文一・淡野安太郎編、山根書店、1950年5月。
  • 『哲学研究入門』下村寅太郎・淡野安太郎編、魚住書店、1950年6月。
  • 『社会倫理の探究』淡野安太郎・城塚登編、勁草書房、1968年5月。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「淡野 安太郎氏(学習院大教授)」『朝日新聞』、1967年9月28日、11面。
  2. ^ 「淡野 安太郎氏(学習院大文学部教授)」『読売新聞』、1967年9月28日、11面。

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大事典:[1]

外部リンク[編集]