淡野安太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

淡野 安太郎(だんの やすたろう、1902年7月2日 - 1967年9月28日)は、日本の哲学者兵庫県出身。京都帝国大学哲学科卒。台北帝国大学助教授、東京大学教養学部助教授、1957年教授、63年定年退官、学習院大学教授。専門はフランス哲学、社会思想史。

著書[編集]

  • 『社会哲学としての法律哲学』弘文堂 1948 新哲叢書 のち学芸書房
  • 『哲学思索史 問題の展開を中心として観たる』白日書院 1949 のち勁草書房
  • 『フランス哲学入門』小石川書房 1949
  • 『哲学の考え方』勁草書房・勁草文庫 1951
  • 『社会思想史』勁草書房 1952
  • 『フランスの哲学』角川新書 1952
  • 『哲学の歴史』NHK教養大学 宝文館 1953
  • 『初期のマルクス 唯物史観の成立過程』勁草書房 1956
  • ベルグソン』勁草書房 1958 思想学説全書
  • 『社会倫理思想史』勁草書房 1959
  • 『明治初期の思想 その特性と限界』勁草書房 1967

共編・共著[編集]

翻訳[編集]

  • ヴインデルバント『カント物自体説の諸相に就て』岩波書店 1928

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大事典:[1]