淡島寒月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
年月不明

淡島 寒月(あわしま かんげつ、本名: 淡島 寶受郎とみお安政6年10月23日1859年11月17日) - 1926年大正15年)2月23日)は、明治時代日本作家画家古物収集家。父親は画家の淡島椿岳。長女は教育者・政治家の木内キヤウ(日本初の女性の公立学校校長となり第1回参議院議員選挙参議院議員ともなった)。伯父は幕末の大富豪の伊藤八兵衛

広範な知識を持った趣味人であり、元禄の作家井原西鶴を再評価し、幸田露伴尾崎紅葉など文壇に紹介したエピソードで有名である。

収集家としても有名であり、住居の梵雲庵には3000あまりの玩具と江戸文化の貴重な資料があったが、関東大震災の際に全て焼失した。

略歴[編集]

日本橋馬喰町4丁目に生まれる。淡島家の家業は軽焼きの名店淡島屋であり、非常に裕福であった。父親の椿岳には160人の愛妾がいたという。

1870年、福澤諭吉を読んで西洋文化に興味を持つようになり、英語を勉強し洋間に住んだ。頭髪に灰汁をかけて染髪までしていた。寒月は西洋文明への憧れのあまり、アメリカ帰化しようと願う。向こうで日本のことを聞かれると思い、日本文化を研究し始めた。

1880年、湯島聖堂の図書館に通い、草双紙を毎日写本する。このとき山東京伝を読んで西鶴のことを知る。

1887年頃、文学者の露伴や紅葉らと知り合い、西鶴を紹介する。このことが明治における西鶴再評価に繋がった。

1893年、前々年から雑誌や新聞への寄稿を止め、向島の梵雲庵で隠居生活に入る。このころキリスト教の洗礼を受ける。しかし、これは宗教観からというよりは、外国の文化に接するためであったと、後に述懐している。

1923年9月1日、関東大震災により、梵雲庵全焼。収集物を全て失う。12月、梵雲庵再建。

1926年2月23日、66歳で死去。遺体は駒込染井霊園に葬られた。

主な作品[編集]

  • 『江戸か東京か』
  • 『亡び行く江戸趣味』
  • 『西鶴雑話』

参考資料[編集]

外部リンク[編集]