延広真治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

延廣 眞治(のぶひろ しんじ、1939年9月26日 - )は、近世文学研究家、落語研究家、東京大学名誉教授。諸芸懇話会会員。

経歴[編集]

1939年9月、徳島県徳島市に生まれる[1]。1955年、徳島大学学芸学部(現鳴門教育大学学校教育学部)附属中学校卒業、1958年、徳島県立城南高等学校卒、1963年、東京大学文学部国語国文科卒業、1968年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学[1]。1968年、獨協大学講師、1969年、名古屋大学教養部講師、1975年、東京大学教養学部助教授、1988年、同学部教授、2000年に定年退官、東京大学から名誉教授号授与[1]。退官直後から帝京大学教授を務め、2010年に同大学を定年退任[1]

落語史研究および近世から近代初期の戯作、芸能を研究。1975年「烏亭焉馬年譜」ほか近世後期文学研究に対して日本古典文学会賞、1987年『落語はいかにして形成されたか』でサントリー学芸賞を受賞[2]

人物[編集]

小谷野敦『東大駒場学派物語』によれば、佐伯順子の著書『美少年尽くし』を贈られた際、「激しい怒りを覚えた」と佐伯に書き送ったが、あとで佐伯に謝ったという。

関連人物[編集]

著書[編集]

  • 『落語はいかにして形成されたか』(平凡社, 1987年)

編著・校訂[編集]

記念論文集[編集]

  • 『江戸の文事』(退官記念論文集)(ぺりかん社 2000年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]