浅野素女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浅野 素女(あさの もとめ、1960年 - )は、フリージャーナリスト

千葉県生まれ。桜蔭中学校・高等学校卒。大学時代1年間のフランス留学後、上智大学外国語学部フランス語科卒業。在学中から、フランス国営放送のドキュメンタリー制作にスタッフとして参加。フランスの家族のあり方に造詣が深い。フランス在住[1]。フランス人の夫、二人の息子がある[2]

著書[編集]

  • 『フランス家族事情 男と女と子どもの風景』岩波新書 1995
  • 『パリ二十区の素顔』集英社新書 2000
  • 『踊りませんか? 社交ダンスの世界』集英社新書 2004
  • 『フランス父親事情』築地書館 2007
  • 同性婚、あなたは賛成?反対? フランスのメディアから考える』パド・ウィメンズ・オフィス 2014
  • 『生きることの先に何かがある パリ・メニルモンタンのきらめきと闇』さくら舎 2014

共著[編集]

翻訳[編集]

  • ジャン・フランソワ・マテイ『人工生殖のなかの子どもたち 生命倫理と生殖技術革命』築地書館 1995

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『フランス父親事情』著者紹介
  2. ^ パド・ウィメンズ・オフィス『女性情報』 2012年10月号から(2017年4月17日閲覧)