和田忠彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

和田 忠彦(わだ ただひこ、1952年3月6日 - )は日本のイタリア文学者東京外国語大学名誉教授。同大学在職中は大学院総合国際学研究院(先端研究部門)教授、大学院地域文化研究科長及び副学長を務めた。イタリア近現代文学、文化芸術論が専門。長野県長野市生まれ。須賀敦子翻訳賞の選考委員長を務める。

学歴[編集]

職歴[編集]

受章[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ヴェネツィア水の夢』(筑摩書房, 2000年)
  • 『声、意味ではなく わたしの翻訳論』(平凡社, 2004年)
  • 『ファシズム、そして』(水声社, 2008年)
  • 『タブッキをめぐる九つの断章』(共和国〈境界の文学〉, 2016年)

共著編[編集]

訳書[編集]

  • ウンベルト・エーコ『開かれた作品』篠原資明共訳(青土社, 1984年)、度々新版
  • イタロ・カルヴィーノ『遠ざかる家 建築投機』(松籟社, 1985年)
  • カルヴィーノ『パロマー』(松籟社, 1988年 / 岩波文庫, 2001年)
  • カルヴィーノ『魔法の庭』(晶文社, 1991年 / ちくま文庫, 2007年)
  • カルヴィーノ『むずかしい愛』(福武書店, 1991年 / 岩波文庫, 1995年)
  • 『ウンベルト・エーコの文体練習』(新潮社, 1992年 / 新潮文庫, 2000年)
  • アメーリア・ロッセッリ『闘いの変奏曲』(it:Amelia Rosselli)(書肆山田, 1993年)
  • アントニオ・タブッキ『夢のなかの夢』(青土社, 1994年 / 岩波文庫, 2013年) 
  • ウンベルト・エーコ『エーコの文学講義 小説の森散策』(岩波書店, 1996年 / 岩波文庫, 2013年) 
  • ロベルト・ロンギ『イタリア絵画史』(it:Roberto Longhi丹生谷貴志・柱本元彦共訳(筑摩書房, 1997年)
  • タブッキ『フェルナンド・ペソア 最後の三日間』(青土社, 1997年)
  • ウンベルト・エーコ『永遠のファシズム』(岩波書店, 1998年 / 岩波現代文庫, 2018年)
  • カルヴィーノ『サン・ジョヴァンニの道 書かれなかった「自伝」』(朝日新聞社, 1999年)
  • エドモンド・デ・アミーチス『クオーレ』(新潮文庫, 1999年 / 平凡社ライブラリー, 2007年)
  • 『カルヴィーノの文学講義 新たな千年紀のための六つのメモ』米川良夫共訳(朝日新聞社, 1999年)
    • 『アメリカ講義 新たな千年紀のための六つのメモ』(岩波文庫, 2011年)
  • ピーノ・アルラッキit:Pino Arlacchi)『名誉を汚した男たち』(新潮社, 2000年)
  • 『水に流して カルヴィーノ文学・社会評論集』大辻康子・橋本勝雄共訳(朝日新聞社, 2000年)
  • タブッキ『他人まかせの自伝 あとづけの詩学』花本知子共訳(岩波書店, 2011年)
  • タブッキ『時は老いをいそぐ』(河出書房新社, 2012年)
  • タブッキ『いつも手遅れ』(河出書房新社, 2013年)
  • マリオ・ジャコメッリ/シモーナ・グエッラ編『わが生涯のすべて』石田聖子共訳(白水社, 2014年)
  • タブッキ『イザベルに ある曼荼羅』(河出書房新社, 2015年)
  • タブッキ『とるにたらないちいさないきちがい』(河出書房新社, 2017年)
  • 『ウンベルト・エーコの小説講座』小久保真理江共訳(筑摩書房, 2017年)
  • ウンベルト・エーコ『女王ロアーナ、神秘の炎』(岩波書店(上下), 2018年)
  • カルヴィーノ『魔法の庭・空を見上げる部族 他十四篇』(岩波文庫, 2018年)