浅水城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浅水城(あさみずじょう)は青森県三戸郡五戸町に所在した日本の城。四戸城の候補地。

浅水川左岸の丘陵に位置[1]し、郭は本郭、二の郭、三の郭からなる。浅水川を挟んだ対岸には浅水館、工藤屋敷と呼ばれる城館があった。

沿革[編集]

築城時期は不明。 初め四戸氏がいたと推測される(またはこの地に入部したことから四戸姓を名乗ったとも)。一時、謀反を起こした工藤氏の一族の居城となるが天文153255年)年間に南部氏との抗争に敗れ、その後、戦国期には三戸南部氏の支配下となった。

  • 三戸南部22代政康の三男長義は五戸と浅水を知行して浅水氏と名乗ったが、三戸城の南側に屋敷があったため、南殿と称された(現地案内標識[2]にはこのころ永正年中1504~1520年の築城と記載)。永禄年間155870年の南部一族内訌のさい、信直派に属し反晴政派となったため、南部晴政の攻撃をうけた。
  • 南氏3代盛義のころ、天正19年(1591年九戸政実の乱において、櫛引氏の攻撃を受けたがこれを撃退し敗走させるが、櫛引氏を深追いした盛義は法師岡館付近で壊滅、討死した。その後は弟の直義が継ぐ。
  • 寛永年間(1631年)に南氏5代南部利康(南部宗家より養子として入城)が24歳にて没し、廃城となった[3]とされる。

現在(2015年記述)は八幡宮となっており、参道は途中分岐し寶福寺に続く。

地理[編集]

現青森県道142号線が県道233号線に合流する箇所に存在する。県道233号線は国道4号線以前の陸羽街道であり、その南端には本三戸城とされる聖寿寺館ならびに最後の城主利康の霊廟がある。古陸羽街道は県道より東側、浅水城に隣接する寶福寺前で県道233号に合流し、城の東北東300mの地点から山際を北上、五戸の中心部へと到る。もし仮に浅水城が四戸城であるとした場合、本三戸城・四戸城・五戸城(詳細地不明)が古街道沿いにほぼ一直線に並ぶことになる(さらに一戸~六戸までが番号順に並ぶ)ため、四戸城の候補として有力である。

一方、浅水川を下るのと並行し国道454号線を東にたどると根城に到る。浅水城より約3kmほど下った南岸丘陵に野沢(ぬさ)城跡(現在は稲荷宮)があり、こちらの築城は文明年間(1469~1486年)南部重義とされる[4]。国道4号線がなければ互いに見通せる距離となる。

脚注[編集]

  1. ^ (地図閲覧システム) 国土地理院
  2. ^ 設置者林野庁・青森県
  3. ^ 現地の案内標識による。設置者林野庁・青森県
  4. ^ 現地案内標識、五戸町教育委員会設置

参考資料[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 2 青森県』 角川書店、1985年12月1日ISBN 4-04-001020-5
  • (有)平凡社地方資料センター 『日本歴史地名大系 第2巻 青森県の地名』 平凡社、2002年6月ISBN 4-582-91021-1

関連項目[編集]