浄名院 (台東区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
浄名院
Jomyo-in (Taito).JPG
所在地 東京都台東区上野桜木2-6-4
位置 北緯35度43分20.7秒 東経139度46分23.8秒 / 北緯35.722417度 東経139.773278度 / 35.722417; 139.773278座標: 北緯35度43分20.7秒 東経139度46分23.8秒 / 北緯35.722417度 東経139.773278度 / 35.722417; 139.773278
山号 東叡山
院号 浄名院
宗派 天台宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 寛文6年(1666年
開山 圭海大僧都
別称 へちま寺
札所等 江戸六地蔵6番
法人番号 7010505000297 ウィキデータを編集
浄名院 (台東区)の位置(東京都区部内)
浄名院 (台東区)
テンプレートを表示

浄名院(じょうみょういん)は、東京都台東区にある天台宗寺院

歴史[編集]

寛文6年(1666年)、圭海大僧都によって開山された。当院は寛永寺塔頭であり、「寛永寺三十六坊」の1つである。江戸幕府4代将軍徳川家綱の生母の宝樹院菩堤所でもあり、当初は「浄円院」という名称であった。享保8年(1723年)に「浄名院」に改称された[1]

八万四千体地蔵[編集]

当院は「八万四千体地蔵」の寺として知られている。これは1879年明治12年)に当院第38世住職妙運大和尚が84,000体の地蔵菩薩像の建立を発願したのが起源である。寛永寺貫首(輪王寺宮)だった北白川宮能久親王を始め、華族財閥なども賛同して多くの地蔵を奉納、これは現在まで続いている[1]

また明治初期の廃仏毀釈富岡八幡宮別当寺だった永代寺が廃寺[2]になり、「江戸六地蔵」の一つだった地蔵も破壊されたため、現在では当院が建立した地蔵の1体を「江戸六地蔵第6番」と称するようになった[1]

へちま寺[編集]

また別名の「へちま寺」としても知られている。喘息治癒の功徳があるとされ、旧暦8月15日に「へちま供養」が執り行われ、当日は多くの参詣者が訪れる。当院に墓地はなく、この「へちま供養」によって、経営が成り立っているという[3]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 東叡山寛永寺淨名院(通称:へちま寺)天台宗東京教区
  2. ^ 現在の「永代寺」は、旧永代寺塔頭だった吉祥院が名称を受け継ぎ、再興したものである。
  3. ^ 松本和也 著『台東区史跡散歩(東京史跡ガイド6)』学生社、1992年、99-100p

参考文献[編集]

  • 松本和也 著『台東区史跡散歩(東京史跡ガイド6)』学生社、1992年

関連項目[編集]