沖縄通信ネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KDDI > au (通信) > au (携帯電話) > 沖縄セルラー電話 > 沖縄通信ネットワーク
沖縄電力 > 沖縄通信ネットワーク
沖縄通信ネットワーク株式会社
Okinawa Telecommunication Network Co., Inc.
種類 株式会社
略称 OTNet
本社所在地 日本の旗 日本
900-0032
沖縄県 那覇市 松山1丁目2番1号 沖縄セルラービル
設立 1996年10月
業種 情報・通信業
法人番号 6360001000486
事業内容 電気通信事業
代表者 代表取締役社長 仲地正和
資本金 11億84百万円
従業員数 130人
決算期 3月
主要株主 沖縄セルラー電話(50.1%)、沖縄電力(26.3%)
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

沖縄通信ネットワーク株式会社(おきなわつうしんネットワーク、Okinawa Telecommunication Network Co., Inc.、通称OTNet)は、沖縄県で電気通信事業を行っている電気通信事業者であり、電力系通信事業者のひとつである。

概要[編集]

1996年10月に沖縄電力を筆頭とする地元企業・金融機関・商社等34社の出資のもと設立された。

本社所在地は沖縄県那覇市松山1丁目2番1号 沖縄セルラービル。

専用線、ATM専用線、広域イーサネットなどの企業向けの通信サービスの他に、ISP事業の一環としてFTTHサービス「ひかりふる」を2004年6月に開始。

なお、創業当初から、電力系通信事業者としては唯一ISDNを提供していない(現在は、HTNetHOTnetISDN事業を廃業したため、3地域が電力系ISDN空白域となっている)。

沿革[編集]

  • 1996年10月 - 沖縄県那覇市東町において資本金100百万円で沖縄通信ネットワーク株式会社(略称OTNet)を設立
  • 1997年10月 - 「専用サービス」を開始
  • 1997年12月 - 資本金100百万円から資本金400百万円へ増資
  • 1998年 5月 - 全国の電力系通信事業者との相互接続により全国への専用サービスを開始
  • 1999年 3月 - 資本金400百万円から資本金700百万円へ増資
  • 2000年 3月 - 「ATM専用サービス」を開始
  • 2001年 5月 - OTNet全額出資(10百万円)によるオー・ティー・ネット・サービス株式会社(略称OTNS)を設立
  • 2001年 7月 - (株)トロピカルテクノセンターとOTNSとでISP事業(ii-okinawa)譲渡の基本合意書締結
  • 2001年11月 - 「パワード・イーサネット・サービス」を開始
  • 2004年 6月 - OTNSによりFTTHサービス「ひかりふる」を開始
  • 2004年10月 - OTNSからOTNetへISP事業(ii-okinawa)の運営を移管
  • 2008年10月 - オー・ティー・ネット・サービス株式会社(OTNS)を吸収合併
  • 2009年11月 - 法人ユーザ向け最低帯域保確保型インターネットサービス「インターネット・イーサ10、インターネット・イーサ100」を開始
  • 2010年 1月 - 沖縄セルラー電話が第三者割当増資により沖縄通信ネットワークの株式を50.1%取得し、連結対象子会社となる
  • 2010年 3月 - 沖縄セルラー電話のFTTHサービス「auひかり ちゅら」事業に対し光ファイバー回線を提供開始[1]
  • 2010年 7月 - FTTHサービス「ひかりふる」の新規受付を終了
  • 2013年 3月 - 法人向けエントリー型VPNサービス「OTNetスマートVPN-結ゆい-」を開始
  • 2013年 4月 - KDDI沖縄(株)を吸収合併[2]
  • 2013年10月 - 沖縄県那覇市松山1丁目2番1号 沖縄セルラービルへ移転

出典[編集]

  1. ^ 沖縄セルラー、固定通信事業を開始 2010年3月7日 琉球新報
  2. ^ プレスリリース詳細 : KDDI沖縄株式会社の吸収合併について 2013年4月1日 沖縄通信ネットワーク株式会社-OTNet-

外部リンク[編集]