池田清就

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 清就(いけだ きよなり、1898年明治31年)9月16日 - 1966年昭和41年)6月4日[1])は、因幡若桜藩(鳥取西館新田藩)池田家第11代当主。最後の藩主であった池田徳定の子。母は、池田慶徳の養女・池田常子(池田敬三郎の長女)。1910年から1947年まで子爵であった。1966年逝去。

家系[編集]

  • 池田徳定
  • 母 池田常子(池田慶徳養女、実父は池田敬三郎)
  • 妻 池田謙子(侯爵池田仲博の娘)
  • 長女 喜代子(1927年 - 、夫:辻達也
  • 次女 澄子(1929年 - 、夫:松前紀男
  • 長男 池田隆(1936年 - 1978年、子:真喜子(1966年 - 、母:愛敬治子 1944年 - 2000年)、妻:桑原三幸(1949年 - 、父:桑原善義))

脚注[編集]

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成』上巻(霞会館、1996年)p.103
日本の爵位
先代:
池田徳定
子爵
若桜池田家第2代
1910年 - 1947年
次代:
華族制度廃止