池田忠雄 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 忠雄(いけだ ただお、1932年 - 2016年2月21日[1])は、日本の元政治家大阪府和泉市の市議会議員(1963年 - 1975年)、市長(第6 - 10代、1975年 - 1995年)を歴任した。

略歴[編集]

  • 大阪府立泉大津高等学校卒業(弁論部所属)後、髙島屋百貨店に入社。
  • 1960年 - 関西大学二部法学部卒業[2]
  • 1963年 - 和泉市議会議員選挙に初当選(当時28歳)。以後、1975年まで3期12年市議会議員を務める。
  • 1975年 - 和泉市長選挙に出馬し当選、市長に就任する(当時40歳)。
  • 1995年 - 5期20年市長を務め、任期満了に伴い引退、同時に政界からも引退する。
  • 2002年 - 勲三等瑞宝章を受章[3]

主な実績[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 池田忠雄さん死去 83歳 著名人の葬儀 2016年2月21日閲覧
  2. ^ 和泉市長に池田忠雄氏が三選関大(関西大学新聞 昭和59年1月1日)
  3. ^ 「2002年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、外国人叙勲の受章者一覧」『読売新聞』2002年11月3日朝刊
先代:
藤木秀夫
和泉市長
第6 - 10代: 1975年 - 1995年
次代:
稲田順三