江里口秀次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
江里口 秀次
えりぐち しゅうじ
生年月日 (1952-10-30) 1952年10月30日(66歳)
出生地 佐賀県小城郡小城町(現小城市)
出身校 西南学院大学商学部
所属政党 無所属

当選回数 4回
在任期間 2005年4月10日 - 現職

佐賀県小城町
当選回数 2回
テンプレートを表示

江里口 秀次(えりぐち しゅうじ、1952年10月30日 - )は、日本政治家佐賀県小城市長(4期)。元小城町長(2期)。

来歴[編集]

佐賀県小城町(現小城市)出身。小城町立(現:小城市立)小城中学校、佐賀県立小城高等学校西南学院大学商学部卒業。小城町長を2期務める[1]

2005年(平成17年)3月1日に小城郡4町(小城町・三日月町牛津町芦刈町)が合併して小城市が誕生。これに伴って同年4月10日に行われた小城市長選挙に出馬。佐賀県知事特別補佐の北島悦子[2]、旧三日月町長の林富佳ら2候補を破り初当選した(江里口:12,723票、北島:6,741票、林:5,915票)[3]

2009年(平成21年)、無投票で再選。2013年(平成25年)、3選。2017年(平成29年)、4選。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
初代
Flag of Ogi, Saga.svg 佐賀県小城市長
2005年 -
次代:
(現職)