永田雅之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永田 雅之(ながた まさゆき)は、日本の映像ディレクター、CMディレクター、イベントプロデューサー福岡県久留米市出身、静岡県熱海市在住。

主にテレビ番組CMなどを制作している。株式会社PLAN Aの代表取締役。一般社団法人熱海怪獣映画祭の代表で、「あたみ着物まち歩き」など熱海市のイベントにも関わっている。

来歴[編集]

映像ディレクター[編集]

幼少期から映画に関心を持ち、特にスターウォーズに影響を受ける[1]。大学卒業後、テレビ番組制作会社に入社し映像業界へ。

ゲームバラエティ番組のADを振り出しに、旅番組、ドキュメンタリー番組、TVCM制作など映像業界で着実に経験を積む。日本全国の農畜産業、漁業に取材する経済番組をこなす。一方でアニメ・漫画・ゲーム関連の映像制作など、手がける分野は広範に及ぶ。

熱海の町おこしプランナー[編集]

移住した熱海の発展に寄与したいという思いが強く、クリエイターという背景を生かした様々なビジネス的提言を行っている。

熱海の街づくりを推進するイベント、2017年度「ATAMI2030会議」にて、創業支援プログラム99℃二期生としてMOA美術館能楽堂にて発表を行う。その中で『着物の街というブランディングをし、着物レンタルビジネスを発展させられないか』と着想し「あたみ着物まち歩き」を開催したと発言している[2]

活動[編集]

イベントプロデューサー[編集]

熱海怪獣映画祭[編集]

東京から熱海に移住した当初、居酒屋などで地元の映像関係者・クリエイターと知己を得る。その中に『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『平成ガメラシリーズ』で知られる脚本家伊藤和典、ロックバンド・ヒカシュー元メンバーの井上誠がいた。

2017年12月、伊藤を中心に、地域を盛り上げる目的で熱海怪獣映画祭が立ち上がった際、構想に賛同して実行委員会に参加。事務局としてクラウドファンディングでの運営資金集めを担った。

第二回目の開催に向けて同映画祭が一般社団法人の認可を受けた2019年4月に、前回の実行委員長から代表を引き継いだ。

2019年10月2日に静岡県庁で開いた会見では「映画で町全体を盛り上げて、熱海市への(観光客)誘致につなげられれば」とコメントしている[3]

あたみ着物まち歩き[編集]

置屋の文化が残り、浴衣や着物姿の女性が目に付く熱海の街の活性化のために、熱海と着物をテーマにしたイベント「あたみ着物まち歩き」を手掛けている。

熱海駅前に集合し、女性が着物姿で駅前商店街を歩き、歴史ある元別荘である起雲閣を見学するなど、熱海の着物文化に根付いたイベントを行う。

熱海経済はまだインバウンド消費が弱いため、海外観光客にも訴求できるイベントにしていきたいと語っている[4]

CMディレクター[編集]

  • 全国米穀販売事業共済協同組合のキャラクター「おこめケン」のCMソング「おこめケンソング」のディレクター。
  • マンガ・雑誌・ゲームを中心にCMを行っている。

映像ディレクター[編集]

2015年10月、現代美術家のショウジョノトモのファッションショーにて、映像ディレクターとして参加する。

プライベート[編集]

趣味は、映画鑑賞読書、神社巡り。

東京から熱海に移住した理由の一つとして、「良い犬の散歩コース」があったからというほどの愛犬家である[5]

出典[編集]

外部リンク[編集]