永田武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永田 武
生誕 1913年6月24日
日本の旗 日本 愛知県岡崎市
死没 (1991-06-03) 1991年6月3日(77歳没)
研究分野 地球物理学
研究機関 東京大学
出身校 東京帝国大学
主な受賞歴 日本学士院賞(1951年)
王立天文学会ゴールドメダル(1987年)
プロジェクト:人物伝

永田 武(ながた たけし、1913年6月24日 - 1991年6月3日)は日本地球科学者である。岩石磁気学という分野を開いた。日本の南極観測を指導した。

来歴・人物[ソースを編集]

愛知県岡崎市出身。第一東京市立中学旧制第一高等学校東京帝国大学を卒業後、東京大学地震研究所を経て東京大学教授に就任した。疎開中は挙母町(現・豊田市宮町)の浄覚寺に滞在していたが、奇しくも30年前に日本人で初めて南極へ向かった白瀬矗が晩年1946年同じ挙母町に転居し亡くなった後、夫人と次女がタケコが浄覚寺に滞在している。1944年7月、東京大学 理学博士、「火山岩,自然残留磁気およびその地球磁気学的諸問題への応用について(英文) 。」

戦後は国際地球観測特別委員会委員長、南極地域観測特別委員会委員長などを歴任し、1955年に決定した日本の南極観測参加では、国内での支援体制整備や国際会議での参加意志表明などで主導的な役割を果たした。1956年から1957年にかけての第一次南極地域観測隊では隊長として参加し、「接岸不能地域」と見なされていたプリンスハラルドコースト沿岸の東オングル島における昭和基地の建設を指揮した上、さらに派遣元の文部省の指示を覆す現場判断の形で副隊長の西堀栄三郎以下の越冬隊を編成し、西堀と共にその名が知られるようになった。永田の強烈なリーダーシップは、他の南極観測関係者に強い影響を与えただけでなく、永田の専門分野である地球物理学、とりわけオーロラに関する研究などを中心とした科学技術調査の純粋な追究など、その後に日本が歩んだ南極観測の方向性を明確にする多大な功績を作った。

1951年、「岩石の磁気的性質に関する地球磁気学的研究」で日本学士院賞を受賞。1974年には文化勲章を受章したほか、1987年にはイギリスで権威のある王立天文学会ゴールドメダルを受賞した。1991年に死去。

南極大陸には、永田を記念して「永田山」と名付けられた山がある。

著書[ソースを編集]

  • 萩原雄祐 『日食』 恒星社厚生閣、1948年。
  • 永田武 『平易な地球物理』 通信教育振興会、1948年。
  • 永田武 『生きている地球 - 地震と津波の話 下』 東洋図書〈学習全書〉、1949年。
  • 永田武 『夜空の光 - オーロラと磁気嵐』 東洋図書〈学習全書〉、1949年。
  • 永田武編 『ラジオ学習図鑑』 東洋図書、1952年。
  • 平凡社編 『地球天文事典』 平凡社〈体系理科事典 第1〉、1958年。
  • 前田憲一・永田武・畑中武夫編 『宇宙空間の科学』 白桃書房、1960年。
  • 永田武編 『リビングストン・アムンゼン』 小学館〈ジュニア版伝記全集9〉、1964年。
  • 前田憲一編 『地球の物理 新版』 恒星社厚生閣〈新天文学講座 第5巻〉、1965年。
  • 永田武・等松隆夫 『超高層大気の物理学』 裳華房〈物理科学選書6〉、1973年。
  • 永田武・福島直編 『地球観測百年』 東京大学出版会、1983年、ISBN 4-13-063010-5
  • 永田武 『南極観測事始め - 白い大陸に科学の光を』 光風社出版〈光風社選書〉、1992年、ISBN 4-87519-023-9

参考資料[ソースを編集]

  • 文部省編『南極観測六年史』(1963)
  • 鳥居鉄也『南極外史』(丸善、1981)
  • 中西正紀「南極争奪戦-氷原のパワーゲーム」(『歴史群像』2011年12月号)

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]