畑中武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
畑中 武夫
(はたなか たけお)
畑中武夫の墓 新宮市.JPG
畑中武夫の墓
生誕 1914年1月1日
日本の旗 日本 和歌山県田辺市
死没 (1963-11-10) 1963年11月10日(満49歳没)
日本の旗 日本 東京都
研究分野 天文学
研究機関 東京大学
出身校 東京帝国大学
主な業績 日本における電波天文学の開拓
電波天文学における観測装置の開発
電波による天体観測に必要な機材を開発するための人材育成
電波観測に必要な機材の調達
主な受賞歴 正四位1963年
勲三等瑞宝章(1963年)
プロジェクト:人物伝

畑中 武夫(はたなか たけお、1914年1月1日 - 1963年11月10日)は、日本の天文学者日本電波天文学の開拓者として知られている。

生涯[編集]

和歌山県田辺市に生まれたが、少年時代に新宮市に引っ越したので同市を出身地とした。旧制新宮中学校(現・和歌山県立新宮高等学校)時代から科学雑誌を読み天文学を志す。旧制第一高等学校を経て1937年東京帝国大学理学部天文学科卒業。はじめは理論天体物理学を専攻し、東京大学助手を経て1945年講師となる。同年9月萩原雄祐の下で惑星状星雲の放射機構を研究し理学博士号を取得。論文の題は「惑星状星雲に於ける電離ヘリウム、二重電離酸素及び二重電離窒素原子間の光学的交互作用理論(英文)」[1]

助教授を経て1953年東京大学教授。

イギリスマーチン・ライルらの論文によって日本に電波天文学が紹介されると率先して研究テーマをこれに変え、1957年東京大学附属東京天文台天体電波部長に就任。若くして日本の天文学界をリードする存在となり、国際的に活躍し一般のメディアにも多く登場したが、1963年11月10日、脳出血のため49歳の若さで急死。

畑中の死後、その名はクレーター及び1978年11月1日冨田弘一郎によって発見された小惑星に名付けられた。畑中の名がつけられた小惑星については4051 Hatanakaを参照。

畑中の弟子としては赤羽賢司守山史生森本雅樹河鰭公昭らがいる[2]。また、萩原雄祐門下で弟弟子の小尾信彌も兄弟子の畑中にも師事した。

略歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『日食・コロナとは何か』(恒星社厚生閣 天文學叢書2 1948年
  • 『宇宙・太陽』(毎日新聞社 毎日ライブラリー 1952年
  • 『現代自然科學講座5・星と星の間』(弘文堂 1952年)
  • 『宇宙と星』(岩波書店 岩波新書 1956年ISBN 4-00-416012-X
  • 『ライフ ネーチュア ライブラリー』(時事通信社 1963年)
  • 『宇宙空間への道』(岩波書店 岩波新書 1964年
  • 『電波天文学・電波天文学の発達』(恒星社厚生閣 新天文学講座10 新版 1964年)
  • 『天体の物理観測・天体スペクトル理論入門』(恒星社厚生閣 新天文学講座15 新版 1965年
  • 『星座・太陽を呑む赤い老星の秘密』(作品社 日本の名随筆 1992年

共著[編集]

訳書[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 日本の天文学者の系図 - 福江純公式サイト内のページ。

外部リンク[編集]