等松隆夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

等松 隆夫(とうまつ たかお、1932年6月13日 - 1977年11月19日)は、日本の地球物理学者。東京大学理学部卒業。同大学院博士課程修了。理学博士。米国航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所(JPL)研究員。東京大学理学部講師、助教授、米国ユタ州立大学客員教授を経て東京大学理学部地球物理研究施設教授。インドにおける宇宙ロケット発射実験にも協力した。オゾン層を通過する宇宙線の分析によって超高層大気物理学研究で先駆的な役割を果たした。フロンガスによるオゾン層の破壊が地球にもたらす悪影響について警告していた。1973年に松永賞を受賞。1977年11月19日死去。父・等松農夫蔵は監査法人トーマツ創立者(元海軍主計少将)、息子・等松春夫は防衛大学校教授。

著書[編集]

  • 等松隆夫・永田武『超高層大気の物理学』(裳華房、1973)
  • Takao Tohmatsu & Toshiro Ogawa, Compendium of Aeronomy (Springer, 1990)
  • 等松隆夫「初夢・超高層空の旅」『数理科学』16—1(1978年1月)
  • 等松隆夫「『虚学者』の学習」『人間と環境』3—1(1977年6月)

参考文献[編集]