永井萠二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

永井 萠二(ながい ほうじ、1920年5月4日 - 1993年9月6日[1])は、日本のジャーナリスト、児童文学作家。

東京生まれ。早稲田大学文学部社会学科卒業。在学中早大童話会に所属。1946年朝日新聞社に入り、戦後出版局編集委員。児童向けノンフィクション、ルポルタージュを執筆。1956年『ささぶね船長』でサンケイ児童出版文化賞受賞。のち聖徳学園短期大学教授を務めた[2]

著書[編集]

  • 『南極にいどむ日本人 白瀬隊探検物語』小峰書店 1951
  • 『新聞とラジオ』三十書房(住みよい社会と私たちの生活)1953
  • 『ささぶね船長』新潮社 1955 のちソノラマ文庫フォア文庫
  • スコットあかね書房(小学生伝記全集) 1959
  • 『白鳥ねむるとき 童話風の手紙』未来社 1960
  • ケネディチャーチル 幼年世界伝記全集 1』講談社 1964
  • 『赤まんま 母たちにおくる話』理論社(ほーむらいぶらりい) 1965
  • 『南極観測隊の記録』講談社(少年少女世界の名著) 1966
  • 『勇気あるケネディ兄弟』偕成社(世界のこどもノンフィクション) 1968
  • 『雑草の歌 日本の片隅でのレポート』光風社書店 1968
  • 『くにこいくにこい』さ・え・ら書房(民話の絵本) 1971
  • 『名もなき人びとの伝記』大日本図書(大日本ジュニア・ブックス ノンフィクション)1971
  • 『サンアンツンの孤児』フレーベル館(フレーベルこども文庫) 1972
  • 『おとうさんはしんぶんきしゃ』ポプラ社(しゃかいの絵本) 1972
  • 『焼け跡は遠くなったか ある人生派記者の戦後体験ノート』学芸書林(ボア・ブックス) 1975
  • 『下町の屋根 画文集』伸光社 1977
  • 『キムチの匂う街 名もない人びとのさまざまな歳月 ルポルタージュ』太平出版社 1979
  • 『春風のなかの子ども ルポルタージュ 浮浪児からテレビッ子まで』太平出版社 1979
  • 『見知らぬ人見知らぬ町 ルポルタージュ 国境の町から火の国へ』太平出版社 1980
  • 『世界の伝記 2 アムンゼンぎょうせい 1981
  • 『いちょう文庫の芽』フレーベル館(いま、子どもたちは)1983
  • 『南極点をめざして』世界ノンフィクション全集 25 ぎょうせい 1984
  • 『ハワイに開いた大輪のロマン 追想マカデミアナッツ・チョコレートの「滝谷守」』大塚義通、岡村寛編纂 M・A・Tトレーディング 1989

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 文藝年鑑1975

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年