水野清一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水野 清一(みずの せいいち、1905年3月24日 - 1971年5月25日)は、日本考古学者。京都大学名誉教授。

人物・経歴[編集]

兵庫県出身で、京都帝国大学卒。北京に留学した。東方文化学院京都研究所勤務、京大東方文化研究所助教授。1949年、同人文科学研究所教授。中国の石窟寺院を調査研究し、1952年長広敏雄共著『雲岡石窟』で日本学士院賞・恩賜賞受賞。1962年、「雲岡石窟系譜」で京大文学博士1969年から7次に渡る京大イラン・アフガニスタン・パキスタン学術調査隊を率いた。1968年、定年退官、名誉教授。

著書[編集]

  • 雲岡石窟とその時代 富山房 1939 (支那歴史地理叢書)
  • 雲岡石仏群 東方文化研究所雲岡石窟調査概報 朝日新聞社 1944
  • 東亜考古学の発達 大八洲出版 1948 (古文化叢刊)
  • 殷周青銅器と玉 日本経済新聞社 1959
  • 中国の彫刻 石仏・金銅仏 日本経済新聞社 1960
  • 陶器全集 第25巻 唐三彩 平凡社 1961
  • 日本の美術 第4 法隆寺 平凡社 1965
  • 中国の仏教美術 平凡社 1968

共著編[編集]

  • 内蒙古・長城地帯 江上波夫共著 東亜考古学会 1935 (東方考古学叢刊)
  • 河北磁県・河南武安響堂山石窟 長広敏雄共著 東方文化学院京都研究所 1937
  • 赤峰紅山後 満洲国熱河省赤峰紅山後先史遺蹟 浜田耕作共著 東亜考古学会 1939
  • 河南洛陽竜門石窟の研究 長広敏雄共著 座右宝刊行会 1941 (東方文化研究所研究報告)
  • 蒙疆に於ける最近の考古学的発見 日比野丈夫共著 大和書院 1943 (大東亜学術叢誌
  • 羊頭窪 関東州旅順鳩湾内における先史遺蹟 金関丈夫三宅宗悦共著 東亜考古学会 1943 (東方考古学叢刊)
  • 万安北沙城 蒙彊万安県北沙城及び懐安漢墓 東方考古学叢刊 東亜考古学会、1946
  • 雲岡石窟 西暦五世紀における仏教寺院の考古学的調査報告 全16巻 長広敏雄共著 京都大学人文科学研究所 1951-56
  • 世界陶磁全集 第8 中国上代編 座右宝刊行会編 河出書房 1955
  • 世界陶磁全集 第9 隋唐篇 座右宝刊行会編 河出書房 1956
  • 山西古蹟志 日比野丈夫共著 中村印刷出版部 1956 (京都大学人文科学研究所研究報告)
  • 世界考古学大系 第6巻 東アジア 第2 (殷周時代) 平凡社 1958
  • 世界陶磁全集 第1 日本古代編 座右宝刊行会 河出書房新社 1958
  • 中国の名画 7 漢代の絵画 平凡社 19558
  • 図解考古学辞典 小林行雄共編 東京創元社 1959
  • 図説世界文化史大系 第20 日本 第1 角川書店 1960
  • 世界考古学大系 第8巻 南アジア 平凡社 1961
  • 世界考古学大系 第16巻 研究法・索引 江上波夫共編 平凡社 1962
  • 世界美術全集 第13 中国 第2 (秦・漢) 角川書店 1962
  • ハイバクとカシュミルースマスト アフガニスタンとパキスタンにおける石窟寺院の調査 1960 京都大学イラン・アフガニスタン・パキスタン学術調査隊共編 京都大学 1962序
  • 東洋の歴史 第1巻 中国文化の成立 人物往来社 1966 のち中公文庫 
  • 世界の文化 第15 西域 座右宝刊行会 河出書房新社 1966
  • ハザールースムとフィールーハーナ 1962 京都大学イラン・アフガニスタン・パキスタン学術調査隊共編 京都大学 1967序
  • 東洋美術 第5巻 銅器 朝日新聞社 1968
  • ドゥルマン・テペとラルマ アフガニスタンにおける仏教遺跡の調査 1963 - 1965 京都大学 1968
  • メハサンダ パキスタンにおける仏教寺院の調査 1962-1967 京都大学イラン・アフガニスタン・パキスタン学術調査隊共編 京都大学 1969
  • バサーワルとジェラーラーバード=カーブル アフガニスタン東南部における仏教石窟と仏塔の調査 1965 京都大学イラン・アフガニスタン・パキスタン学術調査隊共編 京都大学 1971
  • タレリ ガンダーラ仏教寺院址の発掘報告 1963 - 1967 樋口隆康共編 同朋舎 1978.8

翻訳[編集]

  • 中国の名画 9 敦煌の壁画(常書鴻編) 平凡社 1958

参考文献[編集]

  • 先学を語る. 水野清一博士〔年譜・書誌を含む〕、「東方学」 1988年1月発行号、座談会での門下生達の回想。