水上瀧太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水上 瀧太郎(みなかみ たきたろう、本名・阿部章蔵、1887年12月6日 - 1940年3月23日)は日本の小説家、評論家、劇作家。

生涯[編集]

東京市に、明治生命の創業者阿部泰蔵の四男として生まれる。妹の富子は小泉信三夫人。

御田小学校「岬門」2010年現在、水上が通っていた当時のまま現存している。

小泉信三と同期生として、共に御田小学校を経て慶應義塾普通部に入学し、以降慶應義塾大学に学び、大学では永井荷風の教えを受ける。1911年から『三田文学』に短編を発表している。

1912年大学理財科卒業後、父の命でハーヴァード大学に留学、短編集『処女作』を刊行、泉鏡花に傾倒し、「水上」「瀧太郎」は鏡花の作品からとった筆名。1914年第一次世界大戦の中ロンドン、1915年パリに学び、1916年帰国、明治生命に入社、1917年大阪支店副長、1918年より『三田文学』に随筆「貝殻追放」の連載を始める。1921年明治生命監査役俣野景蔵の娘と結婚、創作と実業を両立させ、『大阪』『大阪の宿』などが代表作。鏡花を囲む九九九会の世話人でもあった。1929年慶應義塾評議員、1933年明治生命取締役、1939年大阪毎日新聞社取締役となるが、同年に師鏡花の死に逢い、翌年、明治生命講堂で講演中脳溢血で倒れそのまま亡くなった。

伝記に今井達夫『水上瀧太郎』がある。(フジ出版社)長男は歌舞伎研究家の阿部優蔵(1931年- )。

著書[編集]

  • 『処女作』籾山書店 1912
  • 『その春の頃』籾山書店 1913
  • 『心づくし』籾山書店 1915
  • 『海上日記』春陽堂 1917
  • 『旅情』春陽堂 1919
  • 『大空の下』春陽堂 1920
  • 『亜米利加記念帖』国文堂書店 1920
  • 『日曜』国文堂書店 1920
  • 『葡萄酒』東光閣書店 1922
  • 『大阪』東光閣書店 1923 のち新潮文庫角川文庫
  • 『明窓集』大阪毎日新聞社 1923
  • 『貝殻追放』第1-3 東光閣書店 1920-25
  • 『大阪の宿』友善堂 1926 のち岩波文庫、新潮文庫、角川文庫、講談社文芸文庫
  • 『貝殻追放 第4』大岡山書店 1929
  • 『果樹』改造社 1929
  • 『月光集』大岡山書店 1929
  • 『貝殻追放』日本評論社 1933
  • 『親馬鹿の記』改造社 1934
  • 『倫敦の宿』中央公論社 1935 のち角川文庫
  • 『遺産』中央公論社 1936
  • 『人生案内』新潮社(日本少國民文庫)1937
  • 水上滝太郎全集』全12巻 岩波書店 1940-41、復刊1983-84
  • 『父となる記』養徳社 1944
  • 『貝殻追放 抄』岩波文庫 1985
  • 『貝殻追放』慶應義塾大学出版会 2010 完全版3巻組函入り。
  • 『銀座復興 他三篇』岩波文庫 2012

外部リンク[編集]

関連項目[編集]