水ノ上智邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水ノ上 智邦(みずのうえ ともくに、1976年3月 - )は、日本経済学者広島県尾道市出身。広島県立尾道東高等学校同志社大学経済学部卒業。同大学院経済学研究科博士前期課程修了。同大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。徳島文理大学准教授

専門は開発ミクロ経済学少子化教育問題も研究対象としている。

経歴[編集]

  • 1999年 - 同志社大学経済学部卒業。
  • 2001年 - 同志社大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。
  • 2004年 - 同志社大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。
  • 2004年 - 徳島文理大学総合政策学部専任講師。
  • 2012年 - 徳島文理大学総合政策学部准教授。

所属学会[編集]

著書[編集]

  • 『メコン地域の経済』(2006年3月、槙太一、内藤登世一、堀岡治男、四谷晃一、大学出版センター)

外部リンク[編集]