民主建港協進聯盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
香港の旗 香港の政党
民主建港協進連盟
民主建港協進聯盟
(Democratic Alliance for the Betterment and Progress of Hong Kong)
成立年月日 1992年7月10日
立法会議席数
政治的思想・立場 中国民族主義左翼ナショナリズム)、中道、親中国共産党
テンプレートを表示
民主建港協進連盟
各種表記
繁体字 民主建港協進聯盟
簡体字 民主建港协进联盟
拼音 Mínzhŭ Jiàngăng Xiéjìn Liánméng
英文 Democratic Alliance for the Betterment and Progress of Hong Kong (DAB)
テンプレートを表示

民主建港協進連盟(みんしゅけんこうきょうしんれんめい)は香港の親中左派政党である。主席(党首)は譚耀宗(2007年8月-)。

概要[編集]

左翼ナショナリズムを主張しており、中央政府に近い。国家分裂(台湾独立運動新疆ウイグル自治区チベットの反体制運動)および中央政府の転覆を禁じる基本法23条に基づく治安条例の制定を香港政府が推進した時も、世論の反対に関わらず一貫して政府案を支持した。

行政長官が中央政府と良好な関係を持つという前提つきであるが、行政主導の下における香港政治の安定を目指し、事実上の与党的な存在であることを意識している。しばしば、シンガポールにおける人民行動党をモデルとしていることを同党関係者が述べている。董建華行政長官も第1期(1997-2002年)において、シンガポールをモデルとする政策や政権運営を行っており、これらは民建聯の影響があったものと思われる。

また、民建聯は左派といっても、中国系企業や中国本土と関係するビジネスを行う商工業者の支持も受けている。活動資金の大半は中国系企業の献金である。そのため、従来の経済政策に異議を唱えていない。独自の主張としては香港経済の成長を政府が積極的に支援する必要性を唱えていることである。特に、中国本土との経済協力を重視する傾向がある。また、香港が他のアジアNIEsと比べて、産業高度化に遅れたことを問題視し、積極的な産業政策を主張することもある。ただし、第1期董建華政権が積極的な政策に失敗したことから、近年では主張を若干緩和させている。

沿革[編集]

前身は民主建港聯盟(みんしゅけんこうれんめい、以下、民建聯、Democratic Alliance for Betterment of Hong Kong)。2005年2月16日に、香港協進聯盟(ほんこんきょうしんれんめい、Hong Kong Progressive Alliance)を吸収合併した。

民建聯は民主派に対抗するため、1992年7月10日、香港最大の労働組織である香港工會聯合會と学校教師らによって結成された。構成員数では香港最大の政治団体である。労働組合どの組織力を背景にドブ板選挙活動を行えるほか、職能別団体枠でも立法会議員を輩出している。

2004年以降は立法会においても最大議席数を保有してきた。弁護士で、元律政司司長である梁愛詩 全国人民代表大会常務委員香港基本法委員会副委員長や、譚耀宗 行政会議議員も所属している。

香港協進聯盟は1994年7月に親中派の商工業者などが結成した政治団体である。当初、民建聯が民主派に押されて振るわなかったため、これを補うため結成された。

歴代主席[編集]

外部リンク[編集]