公民党 (香港)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
香港の旗香港政党
公民党
公民黨
(Civic Party)
成立年月日 2006年3月19日
立法会
0 / 70   (0%)
2020年12月1日
区議会
32 / 479   (7%)
2019年
党員・党友数
481
(2012年11月)
政治的思想・立場 中道左派[1]
リベラル
社会自由主義
公式サイト 公民黨公式サイト
テンプレートを表示
公民党
各種表記
繁体字 公民黨
簡体字 公民党
拼音 Gōngmíndaǎng
発音: ゴンミンダン
英文 Civic Party
テンプレートを表示

公民党(こうみんとう)は、2006年3月19日に結成された香港政党。2頭体制を敷いており、党主席(Chairman)は梁家傑党首(Leader、黨魁)は楊岳橋(Alvin Yeung)立法会議員・弁護士である。

結成には、香港特別行政区基本法45条の趣旨(香港における完全な普通選挙の実現)を実現することを目標とする「45条関注組」が中心的な役割を果たした。「45条関注組」に所属する議員は2005年に香港特別行政区政府が提出した部分的民主化案に反対し、全面的な民主化(普通選挙の完全実施)を要求している。そのため、公民党も同様の主張を掲げる。具体的には、行政長官の普通選挙による選出や、立法会の全議席を普通選挙で選出することである。

ただし、公民党は将来的に、香港特別行政区政府に参画する与党になることも、目標に掲げている。そのため、1989年6月4日におきた六四天安門事件の再評価要求など、香港とは直接の関係がない問題への言及を避け、中国政府を不要に刺激することを避けている。

2007年3月の行政長官選挙に向けて、梁家傑立法会議員を擁立した。2006年12月10日選挙委員会選挙人)選挙の結果、134名の推薦が得られる見通しとなり、正式に立候補する見通しが立った。

立法会議員[編集]

界別 選挙区 氏名 2004-2008 2008-2012 2012-2016 2016-2020 備註
直接選挙 香港島 余若薇 Black check.svg Black check.svg
陳淑莊 Black check.svg Black check.svg 2010年1月に付き辞任しながら同年5月の補欠選挙で再選。2020年9月29日に付き離党
陳家洛 Black check.svg
九龍東 梁家傑 Black check.svg Black check.svg Black check.svg 2010年1月に付き辞任しながら同年5月の補欠選挙で再選
譚文豪 Black check.svg
新界東 湯家驊 Black check.svg Black check.svg Black check.svgX mark 18x18 02.svg 2015年6月22日に付き離党。10月1日に付き辞任
楊岳橋 Black check.svg Black check.svg 2016年2月28日には補欠選挙で当選
九龍西 毛孟靜 Black check.svg Black check.svgB-check.svg 2016年11月14日に付き離党
新界西 郭家麒 Black check.svg Black check.svg
職能別 会計業界 譚香文 Black check.svg 2009年6月7日に付き離党
法律業界 吳靄儀 Black check.svg Black check.svg
郭榮鏗 Black check.svg Black check.svg
社会福祉業界 張超雄 Black check.svg 2010年11月3日に付き離党
議席 6 5→3→5 6→5→6 6→5

2019年の区議会選挙[編集]

2019年の区議会選挙では、公民党が推薦する36名候補者のうち、32人が当選した。

南昌北選挙区で当選したアンディ・ラウ(劉 家衡)は、ネットで親中派に攻撃された。 虚偽報道と画像を利用し、「有名な援交女」「AV天使」と誹謗中傷を受けた。 アンディ・ラウは「民主派にとして、親中派から顔に泥を塗られるが予想できました。但し、性別まではっきりさせるのは予想外です。」とフェイクニュースに反応した。[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Andrew Yu Chun-Kit (4 June 2019). “Harmony and Discord: Development of Political Parties and Social Fragmentation in Hong Kong, 1980–2017”. Open Political Science (Walter de Gruyter) 2 (1): 53–63. doi:10.1515/openps-2019-0006. 
  2. ^ 【李八方online】「人一藍」系列:公民黨劉家衡被屈做援交「少女」”. Apple Daily 蘋果日報. 2019年12月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]