母袋夏生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

母袋 夏生(もたい なつう、1943年 - )は、ヘブライ語翻訳家

経歴[編集]

長野県生まれ。イスラエル政府招聘留学生として、1974年修士課程実用言語コースを修了。ヘブライ語イスラエル文学の翻訳家。初の翻訳作品は1989年に雑誌『暮しの手帖』に2回に渡って掲載された[1]「一夜の宿を」(マーニャ・ハレーヴィ作)というホロコーストの短編[2]1996年、ウーリー・オルレブの作品を多く翻訳している。[3]Uri Orlev)『壁のむこうから来た男』の翻訳で産経児童出版文化賞[4]1998年ヘブライ文学翻訳奨励賞受賞。

翻訳[編集]

  • ミリアム・レヴィ『ユダヤ式家庭教育』ミルトス, 1990
  • ヨヘベッド・セガル『ユダヤ賢者の教え』1-4 ミルトス 1991-92 (ミルトス双書)
  • デボラ・オメル『ベン・イェフダ家に生まれて』福武文庫 1991
  • ダリア・B.コーヘン『ぼくたちは国境の森でであった』佑学社, 1992
  • レナ・キフレル・ジルベルマン『お願い、わたしに話させて』 朝日新聞社 1993
  • ウーリー・オルレブ『壁のむこうから来た男』岩波書店, 1995
  • ウーリー・オルレブ『編みものばあさん』径書房 1997
  • シュラミット・ラピット『「地の塩」殺人事件 女記者リジー・バドゥヒ』マガジンハウス 1997
  • ダヴッド・シャハル『ブルーリア』国書刊行会 1998
  • もちろん返事をまってます ガリラ・ロンフェデル・アミット 岩崎書店 1999
  • 心の国境をこえて アラブの少女ナディア ガリラ・ロンフェデル・アミット さ・え・ら書房 1999
  • ベルト /ガリラ・ロンフェデル・アミット さ・え・ら書房 2000
  • 羽がはえたら ウーリー・オルレブ 小峰書店 2000 (ショート・ストーリーズ)
  • 砂のゲーム ぼくと弟のホロコースト ウーリー・オルレブ 岩崎書店 2000
  • かようびはシャンプー ウーリー・オルレブ 講談社 2000 (講談社の翻訳絵本)
  • Tシャツのライオン ウーリー・オルレブ 講談社 2001 (講談社の翻訳絵本)
  • ちいさいおおきな女の子 ウーリー・オルレブ 講談社 2002 (講談社の翻訳絵本)
  • 『野ねずみエイモス 』プログラム /モシェ・イズラエリ シアターX 2002
  • 走れ、走って逃げろ ウーリー・オルレブ 岩波書店, 2003
  • おしゃぶりがおまもり ウーリー・オルレブ 講談社 2003 (講談社の翻訳絵本)
  • ユダヤ人が教える正しい頭脳の鍛え方 エラン・カッツ 阿部望共訳 角川書店 2005
  • 心の国境 デボラ・オメル 日本図書センター, 2005
  • 死の接吻 モシェ・スミランスキー 論創社 2006
  • ライオンの蜂蜜 デイヴィッド・グロスマン 角川書店 2006 (新・世界の神話)
  • エルサレムの秋 アブラハム・B・イェホシュア 河出書房新社 2006
  • ヤクザ、わが兄弟 ヤコブ・ラズ 作品社, 2007
  • おうじょさまとなかまたち アローナ・フランケル 鈴木出版, 2008
  • ウーリー・オルレブ『くじらの歌』岩波書店 2010
  • ウーリー・オルレブ『遠い親せき』岩波書店 2010
  • タミ・シェム=トヴ『父さんの手紙はぜんぶおぼえた』岩波書店 2011
  • ナオミ・シャピーラ切り絵『紙のむすめ』光村教育図書 2013
  • ディヴィッド・グロスマン文、ギラド・ソフェル絵『ヨナタンは名たんてい』光村教育図書 2014
  • ヤネッツ・レヴィ文、たかいよしかず絵『ぼくのレオおじさん』学研教育出版 2014
  • リタ・ジャハーン文、ヴァリ・ミンツィ絵『白い池 黒い池』光村教育図書 2015
  • エトガル・ケレット『突然ノックの音が』新潮社 2015
  • ウーリー・オルレブ『走れ、走って逃げろ』岩波少年文庫 2015
  • ユダヤ民話『お静かに、父が昼寝しております』岩波少年文庫 2015
  • エトガル・ケレット『クネレルのサマーキャンプ』河出書房新社 2018


脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ プロに訊く 第15回 - やまねこ翻訳クラブ
  2. ^ Vol.5 母袋夏生 氏 - TONTON club
  3. ^ ポーランド系ユダヤ人。ワルシャワで1931年に生まれる。1996年国際アンデルセン賞受賞。
  4. ^ 著者プロフィール - 新潮社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]