母袋夏生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

母袋 夏生(もたい なつう、1943年 - )は、ヘブライ語翻訳家。本名:小関夏子。

経歴[編集]

長野県生まれ。長野県立上田高等学校卒業[1]1965年[2]東京学芸大学卒業後、東京都練馬区[2]小学校教員をしていたが「教育ユートピア」と言われていたイスラエルキブツ(農業共同体)に関心をもち、現地家庭と1年間の文通の後、退職してイスラエルに渡る[3][注釈 1]。初めの10ヶ月はボランティアとしてバラ園で働きながらキブツ併設の語学学校でヘブライ語の勉強をした後、ヘブライ大学の夏期言語研修コースを受講[4]。夏期コースが終了して秋から修士課程に入学の後、イスラエル政府招聘留学生となった[注釈 2]1970年から1974年の留学でヘブライ大学文学部修士課程実用言語コースを修了し、1975年に帰国[3]1988年まで11年間出版社に勤務した後[3]、ヘブライ語文学などの翻訳に従事する。初の翻訳作品は1989年に雑誌『暮しの手帖』に2回に渡って掲載された[4]「一夜の宿を」(マーニャ・ハレーヴィ作)というホロコーストの短編[2]1996年、ウーリー・オルレブ[5]Uri Orlev)『壁のむこうから来た男』の翻訳で産経児童出版文化賞[6]1998年ヘブライ文学翻訳奨励賞受賞。

翻訳[編集]

  • ミリアム・レヴィ『ユダヤ式家庭教育』ミルトス, 1990
  • ヨヘベッド・セガル『ユダヤ賢者の教え』1-4 ミルトス 1991-92 (ミルトス双書)
  • デボラ・オメル『ベン・イェフダ家に生まれて』福武文庫 1991
  • ダリア・B.コーヘン『ぼくたちは国境の森でであった』佑学社, 1992
  • レナ・キフレル・ジルベルマン『お願い、わたしに話させて』 朝日新聞社 1993
  • ウーリー・オルレブ『壁のむこうから来た男』岩波書店, 1995
  • ウーリー・オルレブ『編みものばあさん』径書房 1997
  • シュラミット・ラピット『「地の塩」殺人事件 女記者リジー・バドゥヒ』マガジンハウス 1997
  • ダヴッド・シャハル『ブルーリア』国書刊行会 1998
  • もちろん返事をまってます ガリラ・ロンフェデル・アミット 岩崎書店 1999
  • 心の国境をこえて アラブの少女ナディア ガリラ・ロンフェデル・アミット さ・え・ら書房 1999
  • ベルト /ガリラ・ロンフェデル・アミット さ・え・ら書房 2000
  • 羽がはえたら ウーリー・オルレブ 小峰書店 2000 (ショート・ストーリーズ)
  • 砂のゲーム ぼくと弟のホロコースト ウーリー・オルレブ 岩崎書店 2000
  • かようびはシャンプー ウーリー・オルレブ 講談社 2000 (講談社の翻訳絵本)
  • Tシャツのライオン ウーリー・オルレブ 講談社 2001 (講談社の翻訳絵本)
  • ちいさいおおきな女の子 ウーリー・オルレブ 講談社 2002 (講談社の翻訳絵本)
  • 『野ねずみエイモス 』プログラム /モシェ・イズラエリ シアターX 2002
  • 走れ、走って逃げろ ウーリー・オルレブ 岩波書店, 2003
  • おしゃぶりがおまもり ウーリー・オルレブ 講談社 2003 (講談社の翻訳絵本)
  • ユダヤ人が教える正しい頭脳の鍛え方 エラン・カッツ 阿部望共訳 角川書店 2005
  • 心の国境 デボラ・オメル 日本図書センター, 2005
  • 死の接吻 モシェ・スミランスキー 論創社 2006
  • ライオンの蜂蜜 デイヴィッド・グロスマン 角川書店 2006 (新・世界の神話)
  • エルサレムの秋 アブラハム・B・イェホシュア 河出書房新社 2006
  • ヤクザ、わが兄弟 ヤコブ・ラズ 作品社, 2007
  • おうじょさまとなかまたち アローナ・フランケル 鈴木出版, 2008
  • ウーリー・オルレブ『くじらの歌』岩波書店 2010
  • ウーリー・オルレブ『遠い親せき』岩波書店 2010
  • タミ・シェム=トヴ『父さんの手紙はぜんぶおぼえた』岩波書店 2011

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1971年ドルショックの前年で1ドルが360円の時代。外貨持ち出しが制限されていた[2]海外旅行参照。
  2. ^ これによって経済基盤が確保された[4]

出典[編集]

  1. ^ 母袋夏生 - 上田高校関東同窓会 (doc文書) - 上田高等学校関東同窓会
  2. ^ a b c d Vol.5 母袋夏生 氏 - TONTON club
  3. ^ a b c 母袋夏生さんインタビュー - やまねこ翻訳クラブ 資料室
  4. ^ a b c プロに訊く 第15回 - やまねこ翻訳クラブ
  5. ^ イスラエルの児童文学作家。翻訳家。ポーランド系ユダヤ人。ワルシャワで1931年に生まれる。1996年国際アンデルセン賞受賞。
  6. ^ 著者プロフィール - 新潮社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]