橋本壽正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橋本 壽正(はしもと としまさ、1950年11月25日 - 2008年5月16日)は、日本中央競馬会 (JRA) 栗東トレーニングセンターに所属していた調教師京都府京都市出身。父は元調教師の橋本正晴

略歴[編集]

1973年に橋本正晴厩舎の厩務員として競馬サークルに入り、翌1974年に同厩舎の調教助手になる。1986年に調教師免許を取得し、翌1987年に厩舎を開業。初出走は同年10月3日阪神競馬第4競走のトウジンケイアイで8着。初勝利は翌1988年7月31日小倉競馬第1競走のスズノムテキで、のべ46頭目であった。1991年の愛知杯をヤマニンシアトルで制して重賞初勝利。

2008年5月16日に病気のため死去。57歳没 。

これにともない、管理馬は暫定的に中村均厩舎へ、のちに村山明厩舎へ移籍となった。

調教師戦績は4,036戦281勝。そのうち重賞勝利は5勝、障害競走は76戦4勝。GI競走は未勝利であった。

おもな管理馬[編集]

関連項目[編集]