横浜館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横浜館(よこはまだて)は、青森県上北郡横浜町舘ノ後に所在した日本の日本の城

陸奥湾より東方120m、上北郡野辺地町むつ市の中間にあたるJR東日本大湊線陸奥横浜駅前の市街地に位置し、東西150m南北200mの規模をもった城郭。14世紀の中国青磁一片が出土している。現在は、宅地化のため不明確である。

沿革[編集]

横浜館はかつての陸奥国北郡横浜村に有った平城。築城時期は不明。

天喜年間(105358年)には、佐々木権太郎・権次郎兄弟が居住し、その後、戦国期には七戸南部氏一族横浜氏が支配し、七戸朝慶の三子、慶則が横浜氏を継ぎ横浜館に居住したという。天正年間(157392年)に三戸へ移ったと伝えられる。天正20年(1592年)、「諸城破却書上」には、横浜館は見えない。

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 2 青森県』 角川書店、1985年12月1日ISBN 4040010205
  • (有)平凡社地方資料センター 『日本歴史地名大系 第2巻 青森県の地名』 平凡社、1982年7月10日
  • 児玉 幸阿・坪井 清足 『日本城郭大系 第2巻 青森・岩手・秋田』 新人物往来社、1980年7月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]