横山泰行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横山 泰行(よこやま やすゆき、1942年3月19日 - )は、日本の教育学者博士(教育学)富山大学人間発達科学部名誉教授。本来の専攻は、生涯スポーツ論。漫画『ドラえもん』を研究する「ドラえもん学」の提唱者として知られる。大学では非常勤講師としてドラえもん学以外にもスポーツ学で気(オーラ)の授業なども担当している。岐阜県羽島市出身。

略歴[編集]

1967年東京教育大学体育学部を卒業。1973年 フルブライト交換留学生として、ペンシルベニア州立大学に留学。1976年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。富山大学教育学部助教授、1993年教授。1993年「精神遅滞児の身体発育に関する研究」で東京大学博士(教育学)。1999年 ドラえもん学を提唱し、ホームページ「ドラえもん学コロキアム[1]」を開設。2004年 ドラえもん文庫を開設。2006年富山大学人間発達科学部教授。2007年富山大学を定年退任、名誉教授。

2009年 ドラえもんの電子大百科事典を目指し、「グーグルの Knol」を使用してホームページ「ドラえもん Knol[2]]」を開設。

ドラえもん学[編集]

ドラえもん学は、ドラえもんをデータベース化し、戦後日本においてを与えたドラえもんの魅力を探るものである。研究対象は藤子・F・不二雄が描いた漫画に限る。アニメやゲーム、パロディ、藤子・F・不二雄以外が描いたドラえもん作品(例:藤子・F・不二雄の死後に描かれた大長編)などは含まない。

研究は、ドラえもん全作品に登場した道具の数や、登場人物の登場頻度、会話頻度を定量化することで行なう。これは、従来の研究では欠落していた部分だと横山は言う。

推理小説シャーロック・ホームズシリーズを研究するホームズ学(シャーロキアン参照)にならって、研究対象とする漫画を正典、研究者をドラエモニアンと呼ぶ。

ドラえもん文庫[編集]

ドラえもん全1345話を集めた文庫として2004年に開設。開設場所は、富山大学横山研究室、及び、ドラえもんの藤子・F・不二雄の出身地高岡市にある高岡市立中央図書館蔵書は、単行本初版本、および雑誌のコピーである。収集には、インターネットテレビ番組を通じて呼びかけを行ない、ようやく全冊が揃うこととなった。蔵書は全て閲覧が可能である。

備考[編集]

  • 授業で栗田昌裕速読法を紹介した。横山は自身も一分間に10000字程の速度で読書できると語っている。

著作[編集]

  • 『精神遅滞児の身体発育』風間書房、1996年
  • 『野比家の謎 「ドラえもん学」研究序説』日本文芸社、2004年
  • 『「のび太」という生きかた 頑張らない。無理しない。 』アスコム、2004年
  • 『ドラえもん学』PHP新書、2005年
  • 『ドラえもんの「育て力」 人生に必要なことは、すべて「ドラえもん」が教えてくれた!』イースト・プレス、2005年
  • 『「のび太」が教えてくれたこと ダメダメでも夢が叶う』アスコム 2011
  • 『「スネ夫」という生きかた』アスコム 2012
  • 『ドラえもんのことば』幻冬舎 2012
  • 『のび太の「力」 一生懸命のんびりしよう』北國新聞社 2013
共著

オーディオブック[編集]

  • オーディオブック『「のび太」という生きかた[3]』、2011年12月

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]