横尾由衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横尾 由衣
プロフィール
リングネーム 横尾 由衣
身長 167cm
誕生日 (1989-11-15) 1989年11月15日(29歳)
出身地 神奈川県川崎市
スポーツ歴 バドミントン
水泳
トレーナー 風香
デビュー 2012年12月24日
ヘイリー・ヘイトレッド
引退 2013年7月7日、新木場1stRING
夏樹☆たいよう&世IV虎安川惡斗組戦(パートナーは高橋奈苗&脇澤美穂
テンプレートを表示

横尾 由衣(よこお ゆい、1989年11月15日 - )は、日本の女子プロレスラー神奈川県川崎市出身。スターダムに所属していた。神奈川大学卒業。

経歴[編集]

全日本プロレス、特に大和ヒロシの大ファンであり、プロレスブログを書いていたところをスターダムの風香GMにスカウトされる[1]

2012年11月16日、4期生候補としてプロテストを受けて合格し、その場でロッシー小川社長より12月24日後楽園ホール大会でのデビューを言い渡された[1]。同団体所属としては初の後楽園デビュー(それまでの生え抜きのデビューはすべて新木場1stRING)。

12月9日新木場1stRING大会にて試合後のヘイリー・ヘイトレッドにエルボーを連打し、デビュー戦の相手に木村モンスター軍を逆指名[2]。後日ヘイリーとの対戦が発表される[1]

そしてデビュー戦では武藤敬司ばりのドラゴンスクリューからの足4の字固めやジャイアント馬場のココナッツクラッシュを出すも、ヘイリーのビッグブーツに屈し敗戦。エンディングでは奈苗軍団入りを直訴し、脇澤美穂&須佐えりと組みアーティスト・オブ・スターダム王座に挑戦することが決まった[3]。モットーは情熱スタイルの“王道プロレス”[4]

2013年4月29日、両国国技館大会の第1試合で遅れてデビューした同期吉乃すみれと組んで、アイスリボンの世羅りさ&山口ルツコと対戦し、世羅からフォールを奪い初の直接勝利[5]

しかし、5月に左膝の前十字靭帯断裂および半月板の損傷。2013年7月には練習中に左外側支持機構及び内側側副靭帯の損傷。彩羽匠と組んで出場予定だった第5代ゴッデス・オブ・スターダム王座決定トーナメントを棄権[6]。以後、じん帯再建のため2度手術を行い、欠場。

2014年にスターダムが新たな契約制度を導入した際に契約を交わすことなく退団となった[7]。自身のブログでは経過が良くないための引退と記している[8]

その後、一般企業に就職。スカウトのきっかけでもあった男子プロレス観戦を再開している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 株式会社スターダム. “NEWS 2012年7月~12月”. 2012年12月27日閲覧。
  2. ^ 株式会社スターダム. “Season9〜”. 2012年12月27日閲覧。
  3. ^ 株式会社スターダム. “RESULT”. 2012年12月27日閲覧。
  4. ^ 四期生の一番デビュー・横尾由衣、目指せ王道プロレス!スターダム『明日に輝け』リレーコラム Vol.34”. スポーツナビ (2012年12月30日). 2015年6月14日閲覧。
  5. ^ RESULT”. 2013年4月30日閲覧。
  6. ^ 横尾由衣が膝の怪我で欠場!カードが変更となりました”. 株式会社スターダム. 2015年6月14日閲覧。
  7. ^ NEWS 2014年1月31日閲覧
  8. ^ yuiのプロフィール”. Ameba (アメーバ). 2015年6月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]