山口ルツコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口 ルツコ
山口 ルツコの画像
プロフィール
リングネーム 山口 ルツコ
身長 177cm
体重 60kg
誕生日 (1990-09-15) 1990年9月15日(27歳)
出身地 東京都
トレーナー 志田光
村上和成
紫雷美央
デビュー 2012年12月31日
世羅りさ&寺田浩子&235
(パートナーは若松江莉&竹田彩乃
引退 2014年10月31日
テンプレートを表示

山口 ルツコ(やまぐち るつこ、1990年9月15日 - )は、日本の女優。元女子プロレスラーリングアナウンサー東京都出身。洗足学園音楽大学卒業。身長177cm。

経歴[編集]

宝塚音楽学校で最終選考まで残った経歴を持つ。

アイスリボンの新人デビュープロジェクトに参加し、2012年12月19日道場マッチで同じく練習生だった佐藤扶美子(現:235)とエキシビション[1]

12月31日後楽園ホール大会にて「新人6人タッグイリミネーション」でデビューし、最後に残り世羅りさに敗れる[2]

2013年1月3日、初の道場マッチとして第1試合で世羅に敗れるが、第5試合で235から初勝利、メインの6人タッグにも加わるも敗戦[3]

1月12日、初めてとなる先輩とのシングルとして藤本つかさと対戦するが、ビーナスクラッチで敗れる[4]

卒業公演のため欠場した後、3月9日に復帰しくるみと組んでつくし&世羅りさと対戦も世羅にフォールされ、試合後31日後楽園でのシングルが決まった。

2013年8月25日後楽園、目標としている紫雷美央と組んでタッグ王座次期挑戦者決定戦に出場し勝利。9月横浜ラジアントホール大会でインターナショナル・リボンタッグ王座に挑戦したが敗れている。

2014年のアイスリボン・マーチ終了後膝の負傷で長期欠場に入ることが決定。その後手術は終了し今は復帰に向けてセコンド業務などをしている。本業である女優業はすでに復帰している。

11月、アイスリボンでリングアナウンサーを務める千春の姿を見たのがきっかけとなり、プロレスラーを卒業しリングアナウンサーに転じることを表明しリングアナウンサー研修生としてアイスリボンに残る。[5]

2015年6月24日、後楽園ホール大会で研修生から正式にデビュー。

学生時代は東京にある私鉄のターミナル駅で駅員のアルバイトをしており、女性駅員の中でも最長身長であった。 鉄道会社の中では東急電鉄が好きと語っている。

選手時代に負ったケガが原因で選手としては引退をしたが、持ち前の発声力を生かし2015年6月24日後楽園大会でリングアナとしてデビューを果たした。

2016年10月1日、新しい芸能事務所[6]に所属し、また女優専念のためアイスリボンを卒業[7]

得意技[編集]

出演[編集]

映画[編集]

愛こそはすべて(2014年)- 泉役

舞台[編集]

洗足学園ミュージカルコースアトリエ公演ブロードウェイミュージカル「Into the woods」(2012年)魔女役

洗足学園ミュージカルコースアトリエ公演ブロードウェイミュージカル「カンパニー」(2013年3月)ジョアンヌ役

流山児★事務所 演出 中屋敷法仁 ミュージカル「アトミックストーム」(2013年6月)(座高円座)松井役 

pafe.GWC2013公演 演出:倉迫康史(Ort-d.d)「女子大生100年日記」(2013年11月)平野ふみ役 

オーストラ・マコンドー 演出 倉本朋幸 「書を捨てよ 町へ出よう」(2013年12月)

オーストラ・マコンドー 演出 倉本朋幸 「さらば箱舟」(2014年2月)(吉祥寺シアター)タネ役 

コンサート「ミュージカルと映画音楽の名曲たち」 (2014年6月)(けやきホール)

青蛾館 音楽男装劇 演出 スズキ拓朗 「星の王子さま」(2014年9月)(東京芸術劇場シアターウエスト)ヒツジ女中役

ピープルシアター 演出 森井睦「嘆きのベイルート」(2014年10月)(両国シアターX)ドリー役 

ピープルシアター 演出「金色の翼に乗りて」(2015年2月)(両国シアターX)マリアン役 

ミュージカルライブ 「Let me be a star」(2015年5月)

ピープルシアター 原作;船戸与一 演出:森井睦 「新宿・夏の渦」(2015年6月)(両国シアターX)デボラ役

ミュージカルレビュー「Musical PUB vol.4」 」(2015年9月)(ラゾーナ川崎・プラザソル)  

ピープルシアター 演出:森井睦 「バクダッドの兵士たち」」(2015年11月)(両国シアターX)

江古田のガールズ 7周年記念特別公演 演出:山崎洋平「仮面音楽祭」」(2016年1月)(本多劇場) メインキャスト 

脚注[編集]

  1. ^ アイスリボン434 19時30分開始”. ネオプラス・アイスリボン事業部 (2012年12月19日). 2013年6月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月22日閲覧。
  2. ^ 後楽園ホール「RIBBONMANIA2012」12時試合開始”. ネオプラス・アイスリボン事業部 (2012年12月31日). 2013年6月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月22日閲覧。
  3. ^ 新春道場マッチ 15時00分開始”. ネオプラス・アイスリボン事業部 (2013年1月3日). 2013年5月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月22日閲覧。
  4. ^ アイスリボン440 18時00分開始”. ネオプラス・アイスリボン事業部 (2013年1月12日). 2013年6月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月22日閲覧。
  5. ^ 藤本つかさのTwitterより
  6. ^ 2016年10月時点で所属先は未発表[1]
  7. ^ 10.01 アイスリボン道場マッチ 飯田美花vs松屋うの 藤本つかさ&松本都vs宮城もち&長浜浩江 弓李vs長崎まる子 つくし&雪妃真矢vs大畠美咲&水波綾

関連項目[編集]

外部リンク[編集]