権逸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

権 逸권 일クォン・イル 1911年8月22日 - 2001年4月3日)は、在日本大韓民国居留民団(現在日本大韓民国民団)中央団長[1]。在日本大韓民国居留民団顧問。満州国裁判官[1]、日本の弁護士[1]、韓国の国会議員[1]權逸。日本名は権藤嘉郞で、権赫周권혁주)の名前も使用した。


来歴[編集]

日本統治時代の朝鮮慶尚北道醴泉出身[1]

著作[編集]

  • 韓国親族相続法(1961年)
  • 権逸回顧録(1987年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 権逸・元民団中央団長が死去”. 民団新聞 (2001.04.11 ). 2010年3月2日閲覧。

関連項目[編集]

先代:
朴烈
在日本大韓民国居留民団
中央団長
1964年 -
次代:
-