権平ひつじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ごんだいら ひつじ
権平 ひつじ
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2011年[1] -
ジャンル 少年漫画
代表作夜桜さんちの大作戦
受賞 第43回トレジャー新人漫画賞佳作
(『IBIS』)[1]
テンプレートを表示

権平ひつじ(ごんだいら ひつじ)は、日本漫画家

経歴[編集]

男性。19歳のとき北海道から第43回(2011年1月)JUMPトレジャー新人漫画賞(審査員:椎橋寛)に『IBIS』を投稿し、佳作を受賞した[1]。国立大学を卒業した後漫画一本に打ち込む。

少年ジャンプNEXT!』(集英社)2011 SUMMERに『チャコの脱獄論』を掲載[2]

第10回金未来杯にエントリー作品として読切『幻獣医トテク』を『週刊少年ジャンプ』(集英社)2015年39号に掲載、金未来杯を受賞する。『ポロの留学記』を同誌2017年12号から29号まで連載する[3]

夜桜さんちの大作戦』を同誌2019年39号より連載中[4]

作品[編集]

関連人物[編集]

アシスタント

逸話[編集]

  • 作者(権平ひつじ)には複数人の兄弟がいる。多芸多趣味かつ胃が弱い実兄は、北海道札幌市を拠点に夫婦で音楽活動をしている(43°official site)。実弟の漫画家デビューを喜び、宣伝していた兄であったが、『ポロの留学記』の打ち切りが決まった頃の作者の様子について兄は「読者の反応を見ると落ち込むだろうからインターネットを利用していない」「応援コメントには全員に返信しないといけないのでSNSは一切やっていない」「既に打ち切りを予想してか、落ち込むのを通り越して(作者当人が)大声で歌っている」と赤裸々に報告し、さらに「どれだけメンタルがガラスなんだよ」という言葉でTwitterに投稿した。つまり逆説的に応援していたのであろうこの投稿はしかし、Twitter内のみならず2ちゃんねる等のインターネット上で評判を呼んでしまい、実兄はFacebook上で「インターネット怖い」としょんぼりしていた。
  • 兄のCDのジャケットを描いていたり(人物のみ。背景は兄の作画)、お互いに無意味なものを贈りつける戦いを続けるなど、兄弟仲は良好である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 2011年のJUMPトレジャー新人漫画賞2019年9月16日閲覧[リンク切れ]
  2. ^ ジャンプGIGA』2019 WINTER 巻末解放区。
  3. ^ a b c d 権平ひつじ(文化庁メディア芸術データベース)2022年5月16日閲覧
  4. ^ a b 「ポロの留学記」の権平ひつじによるスパイコメディがジャンプでスタート2019年9月20日閲覧

外部リンク[編集]