樋口雅山房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

樋口 雅山房(ひぐち がざんぼう、1941年-)は、日本書家北海道札幌市出身。前衛的な書道作品を手がけ、多数の文字デザインアーティストとのコラボレーションによる創作活動を行う現代書家である。

来歴・人物[編集]

1941年北海道札幌市に生まれる。書道を習い始めたのは小学1年生の時である。小学生時代は、毎日のように書道展や美術展に通い詰めて過ごした。1957年北海道札幌東高等学校に入学し、書道部で加納守拙に師事した。前衛的な書を指導していた加納守拙との出会いは、後生まで大きな影響を及ぼすこととなった。また、同じ書道部には阿部典英が在籍していた。この頃、井上有一の作品に出会ったことで、京都で結成された書の前衛派による墨人会に興味をもち、修学旅行で京都を訪れた際、墨人会のリーダーであった森田子龍を訊ねている。1960年大学進学とともに上京。1966年、墨人賞を受賞し、墨人会会員となる。1980年代松岡正剛と出会い、1981年から一年間、雑誌『遊』の文字デザインを手がける。その後、山本寛斎竜童組などのアーティストとのコラボレーションによる作品の他、ポスター広告などの文字デザインを多数手がけた。1994年には、作品「石」がフィンランド大使館に収蔵された。また、NHK教育の通信高校講座などのテレビ番組にも出演している。2008年には、映像作家マリー・ホセ・サンピエールにより、樋口の書道作品を題材にした「札幌プロジェクト」が制作された。個展や書パフォーマンスを精力的に展開する他に、書の歴史を独自の視点で考察した「神々の書」「書人のことばに聞く」などの研究発表がある。

受賞[編集]

  • 1962年 墨人東京展 新人賞
  • 1963年 第4回北海道書道展墨象部門 特選
  • 1965年 墨人京都展 新人賞
  • 1965年 墨人巡回展 墨人賞
  • 1966年 墨人京都展 墨人賞
  • 1968年 第2回日本現代書展 準大勝

出演番組[編集]

  • 正月番組・筆で書いてます(NHK総合
  • 通信高校講座「一休」(NHK教育)
  • 若い広場「松岡正剛の世界」(NHK教育)

著書[編集]

  • 書楽・雅山房の書作 響文社 2003