榎洋之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
榎 洋之
基本情報
本名 榎 洋之
階級 フェザー級
身長 170.5cm
リーチ 178cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1979-09-14) 1979年9月14日(38歳)
出身地 秋田県秋田市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 28
KO勝ち 20
敗け 4
引き分け 2
テンプレートを表示

榎 洋之(えのき ひろゆき、1979年9月14日 - )は、日本プロボクサーである。秋田県秋田市出身。1998年に角海老宝石ボクシングジム所属としてプロデビューし、2004年には日本フェザー級王者に、2006年にはOPBF東洋太平洋フェザー級王者になる。2008年10月にはWBA世界フェザー級王座に挑戦したが、敗れた。2010年に引退し、34試合28勝(20KO)4敗2引き分けの成績を残した。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

14歳の頃、兄の影響でボクシングを始める。金足農業高校時代、1997年なみはや国体では3位に入賞した。この時、内山高志との準決勝での判定に納得がいかず、皇族が観覧していた表彰式では客席の椅子を蹴り倒すなどして暴れ、退場した。このために進路内定を取り消され[1]、アマチュア界から追放扱いされた[2]。このことによってプロボクサーを志すようになる。榎と親交のある内館牧子は「もともとプロ志望であったため意に介していなかった」とコラムに書いている[2]

プロ時代[編集]

高校卒業後、上京し角海老宝石ボクシングジムに入門。

1998年8月23日、フェザー級でプロデビュー、初回TKO勝利を収めた。

1999年10月22日、デビューから7戦7勝6KOで永田書林とB級トーナメント決勝戦を争い、4RTKOで優勝した。

2000年10月20日、A級トーナメントに出場し2戦2勝1KOでこの日の決勝戦を平原直弥と戦い、8R判定で優勝した。

2001年11月17日、プロ14戦目で韓国スーパーバンタム級王者鄭在光との10回戦に1-1の判定で引き分け、デビュー以来の連勝数は13でストップした。

2004年9月4日、その後6戦6勝6KOで大之伸くまの持つ日本フェザー級王座に挑戦し、9RTKOで獲得した。

2004年度プロ・アマチュア年間表彰選手選考会で新鋭賞に選出された。

2005年1月8日、金井晶聡に7RTKO勝利を収めて初防衛に成功。同年4月2日、武本在樹に3-0の判定勝利を収めて2度目の防衛に成功した。

2005年9月22日、故郷の秋田市立体育館梅津宏治ワタナベ)に3-0の判定勝利を収め、3度目の防衛に成功した。11月に同王座を返上。

2006年1月21日、越本隆志が返上して空位となったOPBF東洋太平洋フェザー級王座を同1位として7位のデンタクシン・スーンギラーノーイナイ(タイ)と争い、2RKOで同王座を獲得。ナデル・フセイン、真教杉田を下し2度の防衛に成功した。

2008年4月5日、JCBホール粟生隆寛帝拳)とのWBA世界フェザー級挑戦者決定戦に粟生の持つ日本王座と自身のOPBF王座を懸けて戦い、115-115、114-114、114-114の引分判定でそれぞれが自身の王座を防衛。同年8月29日、世界挑戦準備のためにOPBF王座を返上した。

2008年10月24日、後楽園ホールにてWBA世界フェザー級王者クリス・ジョンインドネシア)に挑戦するも、クリス・ジョンのテクニックに翻弄され、大差の判定負けで王座獲得はならなかった。

2009年3月7日、インドネシアフェザー級王者アルディ・ディエゴに3RKO勝利を収め、再起を果たした。7月18日、WBA8位・WBC20位として日本4位の李冽理横浜光)とフェザー級10回戦を行い、97-95、93-97、94-97の1-2で判定負けを喫した。

2009年10月10日、国立代々木競技場第二体育館細野悟大橋)の持つOPBF東洋太平洋フェザー級王座に同2位として挑戦したが、0-3の判定負けを喫して2連敗となった。

2010年4月23日、後楽園ホールにてWBA世界フェザー級11位のアルベルト・ガルサ(メキシコ)に9RTKOを喫し3連敗となると同時に引退を表明した[3]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:46戦38勝 (27KO・RSC) 8敗
  • プロボクシング:34戦28勝 (20KO) 4敗 (1KO) 2分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 1998年8月23日 勝利 1R 1:20 TKO 中島浩愉 日本の旗 日本
(松田)
プロデビュー戦
2 1999年1月9日 勝利 1R 1:54 TKO 西原崇 日本の旗 日本
(八王子中屋)
3 1999年3月20日 勝利 1R 3:01 KO 渡辺清 日本の旗 日本
(いわき協栄)
4 1999年5月8日 勝利 1R 1:39 KO 西原崇 日本の旗 日本
(八王子中屋)
5 1999年6月22日 勝利 5R 判定 武本在樹 日本の旗 日本
(千里馬神戸)
6 1999年7月26日 勝利 5R 0:52 TKO 松本陽一 日本の旗 日本(白井・具志堅)
7 1999年8月30日 勝利 5R 2:12 TKO 増田尚久 日本の旗 日本(ピストン堀口)
8 1999年10月22日 勝利 4R 2:25 TKO 永田書林 日本の旗 日本
(本多)
KSD杯争奪B級トーナメントフェザー級決勝(MVP獲得)
9 2000年7月14日 勝利 5R 1:25 TKO 染谷勘太 日本の旗 日本
(東京拳闘会)
10 2000年8月31日 勝利 6R 判定 堀茂雄 日本の旗 日本
(稲毛)
11 2000年10月20日 勝利 8R 判定 平原直弥 日本の旗 日本
(三迫)
KSD杯争奪A級トーナメントフェザー級決勝(MVP獲得)
12 2001年1月6日 勝利 1R 1:51 TKO シエンピチャ・シッチャセイ タイ王国の旗 タイ
13 2001年6月2日 勝利 10R 判定 草間智之 日本の旗 日本
(三迫)
14 2001年11月17日 引分 10R 判定1-1 鄭在光 大韓民国の旗 韓国
15 2002年4月3日 勝利 5R 2:48 TKO 服部世志夫 日本の旗 日本
(野口)
16 2002年7月6日 勝利 6R 1:56 TKO 鈴木将富 日本の旗 日本
(高崎)
17 2002年12月21日 勝利 2R 0:30 KO チョーレー・シットゴーソン タイ王国の旗 タイ
18 2003年7月19日 勝利 5R 1:06 TKO 向井剛二 日本の旗 日本
(横浜光)
19 2003年12月10日 勝利 4R 2:42 KO アヌラック・タマチャード タイ王国の旗 タイ
20 2004年3月20日 勝利 8R 2:01 TKO 船見征二 日本の旗 日本
(宇都宮)
21 2004年9月4日 勝利 9R 1:56 TKO 大之伸くま 日本の旗 日本福間スポーツ 日本フェザー級タイトルマッチ
22 2005年1月8日 勝利 7R 1:35 TKO 金井晶聡 日本の旗 日本
(姫路木下)
日本王座防衛1
23 2005年4月2日 勝利 10R 判定3-0 武本在樹 日本の旗 日本
(千里馬神戸)
日本王座防衛2
24 2005年9月22日 勝利 10R 判定3-0 梅津宏治 日本の旗 日本
(ワタナベ)
日本王座防衛3/返上
25 2006年1月21日 勝利 2R 1:22 KO デンタクシン・スーンギラーノーイナイ タイ王国の旗 タイ OPBF東洋太平洋フェザー級王座決定戦
26 2006年9月16日 勝利 12R 判定3-0 ナデル・フセイン オーストラリアの旗 オーストラリア OPBF防衛1
27 2007年2月17日 勝利 6R 0:31 KO クラーブデーン・ギャットグリーリーン タイ王国の旗 タイ
28 2007年9月15日 勝利 12R 判定3-0 真教杉田 日本の旗 日本
(畑中)
OPBF防衛2
29 2008年4月5日 引分 12R 判定0-0 粟生隆寛 日本の旗 日本
(帝拳)
WBA世界フェザー級挑戦者決定戦/日本フェザー級タイトルマッチ/OPBF防衛3/OPBF返上
30 2008年10月24日 敗北 12R 判定0-3 クリス・ジョン  インドネシア WBA世界フェザー級タイトルマッチ
31 2009年3月7日 勝利 3R 3:06 KO アルディ・ディエゴ  インドネシア
32 2009年7月18日 敗北 10R 判定1-2 李冽理 日本の旗 日本
(横浜光)
33 2009年10月10日 敗北 10R 判定0-3 細野悟 日本の旗 日本
(大橋)
OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ
34 2010年4月23日 敗北 9R 0:58 KO アルベルト・ガルサ メキシコの旗 メキシコ
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 第13回KSD杯争奪B級トーナメントフェザー級優勝 (MVP)
  • 第14回KSD杯争奪A級トーナメントフェザー級優勝 (MVP)
  • 第51代日本フェザー級王座(防衛3=返上)
  • 第38代OPBF東洋太平洋フェザー級王座(防衛3=返上)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 秋田魁新報社『郷』2009.2 Vol74
  2. ^ a b 内館牧子「内館牧子の明日も花まるっ!」『秋田魁新報』2007年9月21日付夕刊、1面。
  3. ^ 復帰戦TKO負けの榎が引退表明 スポーツ報知 2010年4月24日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
大之伸くま
第51代日本フェザー級王者

2004年9月4日 - 2005年11月(返上)

空位
次タイトル獲得者
渡邉一久
空位
前タイトル保持者
越本隆志
第38代OPBF東洋太平洋フェザー級王者

2006年1月21日 - 2008年8月29日(返上)

空位
次タイトル獲得者
細野悟