植田工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うえだ たくみ
植田 工
生誕 1978年7月
東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校

東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻[1]

東京藝術大学大学院美術研究科美術解剖学修士課程[2]
影響を受けたもの 宮崎駿のアニメーション、ディズニーのアニメーション[3]
受賞 SICF9 審査員賞 村田真賞 2008年[4]

植田 工(うえだ たくみ、1978年7月 - )は、日本アーティストアートディレクター[5]

概要[編集]

表現方法は、絵画、イラスト、映像など、多岐にわたる[6]

脳科学者・茂木健一郎の弟子で、2017年に独立。[7] 茂木健一郎著『東京藝大物語』[8][9]の主人公「ジャガー」のモデルとなっている。 [10]

代表作には『シーシュポスの神話』三連作、アニメーション『胸に釘の刺さった男の子』、『マリア』シリーズ がある。[11]

「目黒学園カルチャースクール」で「15歳からの造形教室」の講師をやっている。

経歴[編集]

主な活動[編集]

イラスト[編集]

個展[編集]

グループ展[編集]

イベント[編集]

植田工のドローイング[編集]

植田工のドローイングは、主にiPad ProApple Pencilを用いて行われる。使用ソフトはPainter [43]など。 作品はdoodleであり、無意識に描いている落書きである。[44]

2016年春、退院後の安静期間に、師匠である茂木健一郎からの助言により、ドローイングを描き始める。 [44]。師匠への生存確認の目的から始まったが、しだいに日課になっていく。独立前の作品は茂木健一郎 公式ブログから#植田工ドローイング で公開されている。 独立後も 植田自身のブログ において毎日更新されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g RISE GALLERY TAKUMI UEDA”. 2017年7月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e 植田工個展「doodle drawing」 (MDP GALLERY-B)”. 2017年7月12日閲覧。
  3. ^ https://lineblog.me/uedatakumi/?p=8 植田工のドローイング doodle#401
  4. ^ a b SICF9 受賞者一覧”. 2017年7月12日閲覧。
  5. ^ 先日、Unlimited 部門参加アーティストの植田工さんが青森にリサーチでいらっしゃいました!”. 2017年10月20日閲覧。
  6. ^ a b AOMORIトリエンナーレ2017 Unlimited部門 【作家紹介①】”. 2017年10月21日閲覧。
  7. ^ a b c 書生植田、独立のご挨拶”. 2017年7月12日閲覧。
  8. ^ 茂木健一郎『東京藝大物語』講談社、2015年。ISBN 978-4062194785
  9. ^ 茂木健一郎『東京藝大物語』講談社、2017年。ISBN 978-4062936095
  10. ^ 『東京藝大物語』、ついに完成! 感動の表参道。”. 2017年7月12日閲覧。
  11. ^ a b 植田工のドローイング。doodle #329”. 2017年7月12日閲覧。
  12. ^ 植田工 @onototo のドローイングは引っ越しました。”. 2017年7月12日閲覧。
  13. ^ 池上 高志(著),植田 工(著)『生命のサンドウィッチ理論』講談社、2012年。ISBN 978-4062179782
  14. ^ 『茂木健一郎監修 脳が元気になるダイアリー』TOKYO FM、2013年。ASIN B00FML9OM2
  15. ^ 茂木健一郎『脳科学者・茂木健一郎の人生相談』第三文明社 、2014年。ISBN 978-4476033250
  16. ^ モギ先生と僕 アートの交差点 植田工”. 2017年7月12日閲覧。
  17. ^ 茂木健一郎『ヤセないのは脳のせい』新潮新書、2017年。ISBN 978-4106107153
  18. ^ RISE GALLERY JULY”. 2017年7月12日閲覧。
  19. ^ RISE GALLERY SEPTEMBER”. 2017年7月12日閲覧。
  20. ^ RISE GALLERY MAY”. 2017年7月12日閲覧。
  21. ^ 植田工、シシューポスの神話”. 2017年7月12日閲覧。
  22. ^ 植田工個展「Maria」8月8日(土)-8月29日(土) RiseGallery”. 2017年7月12日閲覧。
  23. ^ 「ウルトラ怪獣墓場展」で怪獣たちのアート作品を展示販売!中目黒MDP GALLERYほかにて10月8日(土)~30日(日)に開催!”. 2017年7月12日閲覧。
  24. ^ 植田工の展覧会をレビューする。by植田工、茂木健一郎”. 2017年7月12日閲覧。
  25. ^ 夏至祭@桐生 6月24日(土)、25日(日)”. 2017年7月12日閲覧。
  26. ^ 植田工 - 個展「植田工務店」2/1-2/11 - Powered by LINE”. 2019年2月13日閲覧。
  27. ^ 【SICF1】出展者一覧 14”. 2017年7月12日閲覧。
  28. ^ 【SICF2】出展者一覧 19”. 2017年7月12日閲覧。
  29. ^ 【SICF3】出展者一覧 B 7”. 2017年7月12日閲覧。
  30. ^ 【SICF5】出展者一覧 A 14”. 2017年7月12日閲覧。
  31. ^ SICF10 イベントレポート”. 2017年7月12日閲覧。
  32. ^ 植田工|個展なび”. 2017年7月12日閲覧。
  33. ^ RISE GALLERY JANUARY”. 2017年7月12日閲覧。
  34. ^ RISE GALLERY FEBRUARY”. 2017年7月12日閲覧。
  35. ^ 植田工、渡辺雅絵、石田多朗によるグループ展! マタタ展 植田工、渡辺雅絵、石田多朗の三人展”. 2017年7月12日閲覧。
  36. ^ 植田工の展覧会のお知らせ。”. 2017年7月12日閲覧。
  37. ^ RISE GALLERY JULY 2017”. 2017年7月12日閲覧。
  38. ^ アトリエCOMの40周年記念「アトリエCOMの仲間たち展」8月19日(土)まで”. 2017年8月18日閲覧。
  39. ^ AOMORIトリエンナーレ2017/青森市”. 2017年10月21日閲覧。
  40. ^ AOMORIトリエンナーレ2017”. 2017年10月21日閲覧。
  41. ^ SpecialEdition2018 長谷良樹+光藤雄介+植田工『3人展』”. 2018年5月8日閲覧。
  42. ^ Artist – Groovetube Fes”. 2018年3月15日閲覧。
  43. ^ 植田工のドローイング doodle#351”. 2017年7月12日閲覧。
  44. ^ a b 植田工ドローイング doodle#364”. 2017年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]