森重敏 (心理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森 重敏(もり しげとし、1917年 - 2012年3月14日)は、日本の教育心理学者、東京都立大学名誉教授

経歴[編集]

大分県出身。1938年第五高等学校中退、小学校の代用教員日中戦争日華事変)で召集、ノモンハンへ行き、帰国後高校再入学、卒業、42年東京帝国大学入学、45年心理学科卒業、大学院進学、54年鹿児島の八幡幼稚園園長、島根大学教授東京家政大学助教授、東京都立大学教授、72年「わが国における優秀児の心理学的研究」で立教大学文学博士。81年定年退官、名誉教授、創価大学教育学部教授。特任教授、93年満期退任。没後正五位叙勲。1988年 日本応用心理学会名誉会員[1]

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『児童心理学』松村康平共編 誠信書房 1957 心理学叢書
  • 『優秀児 その心理と教育』酒井清共編著 誠信書房 1963
  • 『保育と人間形成 保育内容総論』編著 同文書院 1974
  • 『児童文化』星美智子塩川寿平共著 同文書院 1977
  • 『教育心理学』編著 同文書院 1981

翻訳[編集]

  • スザンナ・ミラー『遊びの心理学 子供の遊びと発達』森楙共監訳 家政教育社 1980
  • W.C.マクグルー『幼児の行動とその理解 ヒト以外の霊長類の動物の子と比べた園児の行動学的研究』監訳 藤田主一金村美千子共訳 家政教育社 2001
  • ポール・ウィッティ編著『ギフテッド・チャイルド その育て方と伸ばし方』家政教育社 2008

論文[編集]

  • 「優秀児」 『児童心理叢書 V. 特殊児童の心理』 金子書房 1948
  • 「児童の自然観」 『児童心理』 第4巻 7号 1950
  • 「課題解決場面における幼児の知能的行動について-課題解決過程に関する実験的研究」 『千輪浩先生還暦記念論文集 最近心理学の諸問題』 東京大学・同記念事業委員会発行 1952
  • 「学力の個別的診断の実際」 『講座教育診断法 2. 学力の診断』 牧書店 1957
  • 「知能の優秀な子」 『問題をもつ子の指導法 1. 学業と知能』 明治図書出版 1957
  • 「学習過程」 『現代教育心理学大系 5. 学習指導の基礎』 中山書店 1958
  • 「優秀知能」 『現代教育心理学大系 14. 特殊教育』 中山書店 1958
  • 「知的優秀児の性格特徴に関する一研究 (1)(2)」 『東京家政大学研究紀要』 第2集 - 第3集 1958
  • 「天才児」 波多野完治ほか編 『児童心理学ハンドブック』 金子書房 1959
  • 「知的優秀児の特性に関する基礎的研究」 『教育心理学研究』 第7巻 3号 1959
  • 共著 「知的優秀児と特技児童」 『学校教育全書 6. 特殊教育』 全国教育図書 1965
  • 「優秀児の追跡的研究」 高木貞二編 『現代心理学の課題』 東京大学出版会 1970
  • 「英才児」 菅野重道編 『児童臨床心理学講座 8. 知的・身体的障害児』 岩崎学術出版社 1971
  • "A followup study of the intellectually gifted children in Osaka", Abstracts Guide 20th International Congress of Psychology, 1972
  • 「家族関係に関する基礎研究:父-母-子関係と子どものパーソナリティ」 東京都立大学 『人文学報』 99 1974
  • 「幼児における道徳意識の発達に関する調査研究」 『創価大学教育学部論集』 第24集 1988

脚注[編集]

  1. ^ 大泉溥 編 『日本心理学者事典』 クレス出版、2003年ISBN 4-87733-171-9

参考[編集]

  • 「教育と研究の歩み40年を省みて(森重敏教授略歴及び主要論文)」森 重敏「人文学報 教育学」1981:[1]