森本浩志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森本浩志
Gthumb.svg
生誕 (1943-03-28) 1943年3月28日(74歳)
高知県
国籍 日本の旗 日本
出身校 土佐中学校・高等学校
京都大学
職業 実業家
活動期間 1965 - 現在
給料
肩書き 日本原子力発電相談役
任期 原電社長(2009 - 2011)
前任者 市田行則(原電社長)
後任者 濱田康男(原電社長)
取締役会 日本原子力発電

森本 浩志(もりもと ひろし、1943年(昭和18年)3月28日 - )は、日本の実業家日本原子力発電取締役社長である。 元関西電力副社長である[1]

生出・学歴等 [編集]

昭和18年3月28日生まれ。 高知県の出身。 土佐中学校・高等学校の36回生である。[2] 1965年に京都大学工学部を卒業する。 [3]

職歴 [編集]

1965年4月に関西電力株式会社に入社する。 1999年6月に関西電力の取締役に就任する。 2001年6月に関西電力の常務取締役に就任する。 2003年6月に関西電力の取締役副社長に就任する。

2008年4月にはエネルギー総合工学研究所の理事(非常勤)となっている。[4]

2009年6月に日本原子力発電株式会社の取締役社長に就任する。

2009年7月に原子力発電環境整備機構(NUMO)の監事(非常勤)に就任する[5]

2011年4月には原子力環境整備促進・資金管理センターの監事(非常勤)となっている[6]


発言[編集]

2011年1月6日、福井県敦賀市に増設を計画中の敦賀原発3、4号機の運転開始時期について、国の耐震審査の長期化を受け、それぞれ2016、17年としていた当初の予定から遅れるとの見通しを示した。福井県庁などで記者会見した。運転開始から40年を超えた国内最古の商業炉、敦賀1号機については「(16年までの)延長期間を変えるつもりはない」と強調した[7]


出典[編集]

  1. ^ 『森本浩志』の主な活動 NAVER人物検索、2013年1月5日閲覧[リンク切れ]
  2. ^ 新校舎建築募金名簿 土佐中学校・高等学校、2013年1月5日閲覧
  3. ^ 日本原電 有価証券報告書‐第54期 有価証券報告書速報、2011年6月30日発表
  4. ^ 役員名簿等 エネルギー総合工学研究所、2008年4月1日
  5. ^ 役員人事 原子力発電環境整備機構、2009年7月1日発表
  6. ^ 役員等名簿 原子力環境整備促進・資金管理センター、2011年4月1日発表
  7. ^ 敦賀原発3、4号機開始に遅れ 日本原電社長が明言 共同通信、2011年1月6日発表