松村洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松村 洋(まつむら ひろし、1952年5月8日[1] - )は、日本の音楽評論家

大阪府生まれ。東京大学文学部社会学科卒。東大で初のロック音楽での卒論を書く。NHKに入りテレビディレクターを務めたのち、音楽評論家となる。考察対象はポピュラー音楽全般、特に沖縄の音楽文化、タイを中心とした東南アジアのポピュラー音楽文化、日本流行歌史[2]

著書[編集]

  • 『8ビート・シティ 音楽の視界へ』新曜社 ノマド叢書 1988
  • 『ワールド・ミュージック宣言』草思社 1990
  • 『アジアうた街道』新書館 1999
  • 『唄に聴く沖縄』白水社 2002
  • 『日本鉄道歌謡史 1 (鉄道開業~第二次世界大戦)』みすず書房 2015
  • 『日本鉄道歌謡史 2 (戦後復興~東日本大震災)』みすず書房 2015

共著[編集]

  • 『メディア遊走』三嶋典東共著 勁草書房 1988
  • 『なんくるぐらし』照屋林賢共著 筑摩書房 1995

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.523
  2. ^ 『8ビート・シティ』『日本鉄道歌謡史』著者紹介