梶原氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

梶原氏(かじわらし)は、日本氏族坂東八平氏の一つで鎌倉氏の一族が著名である。

平姓梶原氏[編集]

梶原氏
家紋
(家紋)
本姓 桓武平氏良文鎌倉氏支流
家祖 梶原景久
種別 武家
出身地 相模国鎌倉郡梶原
主な根拠地 相模国
凡例 / Category:日本の氏族

鎌倉景通の嫡男の梶原景久相模国鎌倉郡梶原にて梶原氏を称したことに始まる。梶原景時の代に源頼朝に仕え権勢を誇ったが、その死後に没落した。しかし、一族は滅んだ訳ではなく、各地に存在している。

概要[編集]

景久の曾孫の景時の代に一族は大いに発展することとなる。1180年源頼朝が挙兵すると、大庭景親と共にこれを石橋山の戦いで迎え撃ったが、景時は頼朝一行を見逃した。頼朝はこの時の行為を深く感じ入り、景時を重用する事となる。

頼朝に服属してからの梶原一族は平家追討に功を立て、1185年壇ノ浦の戦いにて滅亡させることとなるが、平家滅亡後に源義経とともに朝廷から勝手に官位を受けた為に頼朝から怒りをかっている。その後、奥州合戦にも従軍し(尚、この合戦で景時の次男の景高は見事な歌を残している)、頼朝の君寵が厚かったが、その反面、多くの御家人の反発を買った。

そして頼朝が死ぬと事態は急変する。北条氏を始めとする御家人達は、ここぞとばかりにと景時に謀反の疑い有りと弾劾する。景時は息子らを引き連れてに逃れんとしたが、その途上で討たれた。時に1199年のことであった(梶原景時の変)。

その後、景時の弟の朝景が梶原氏の家督を継いだが、1213年の和田合戦に属して討ち死にした。

しかし、梶原氏はこれで滅んだと言う訳ではなく、景時の次男の子孫は鎌倉幕府、後には足利氏に従い、被官として歴史に名を残している。それ以外の一族末裔を以下に記す。

  • 唐桑梶原氏
    宮城県気仙沼市唐桑町。梶原姓が100軒を超える日本最大の梶原姓の集落。梶原景時の兄で、鶴岡八幡宮(鎌倉若宮)の臨時別当に就任した梶原専光坊景実(かげざね)が梶原一族の没落、和田氏、畠山氏の没落の後に鎌倉を離れ、蝦夷千島を目指す途中、本吉高衡(藤原高衡)ゆかりの宮城県気仙沼市唐桑町石浜に土着した。景実は梶原一族の冥福を祈り、菩提を弔うため梶原堂(梶原神社)を建てた。のち一族の梶原景茂の子、大和守景永は景実の所在を尋ねてこの地に至り、景実の猶子となって神職となり早馬神社を創建した。以来33代、子孫が現在まで連綿と続いている。
  • 下野梶原氏
    景時の嫡男・景季の息子の景望が、一族滅亡後に叔母の嫁いだ宇都宮氏を頼って、子孫を残したと言う。
  • 讃岐梶原氏
    景時の三男・景茂の子孫が讃岐に進出、豊臣秀吉四国征伐まで海賊として猛威を振るった。その後、黒田藩の重役として江戸時代から現在の子孫に至る家系図が残る。
  • 武蔵梶原氏
    景時の三男・景茂の子孫が武蔵に進出、室町幕府時代には鎌倉府奉公衆などとして名が見える。戦国時代に一時断絶していたが、足利義氏の時代に太田資正の子政景によって再興される。政景は義氏の奏者を務めていたが、後に反義氏陣営に加わった[1]
  • 尾張梶原氏
    景時の三男・景茂の玄孫尾張に進出、高師直に仕えた梶原景秋の代から土着。戦国時代には織田信長に仕えた奉行人の中にも梶原姓の人物が見受けられる。団忠正も一族か。

平姓梶原氏歴代当主[編集]

系図[編集]

  梶原景久
   ┃
   景長
   ┃
   景清
   ┣━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━┓
   景時 景実                            景道   友景
   ┣━━┳━━━━━┳━━┳━━┳━━┳━━┓   ┃    ┃
   景季 景高    景茂 景国 景宗 景則 景連 酒匂景久 役野景貞
   ┃  ┣━━┓  ┣━━┓
   景望 景員 景継 景俊 景永

梶原氏の一族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新井浩文「梶原政景と足利義氏」(初出:『駒沢史学』55号(2000年)/所収:新井『関東の戦国期領主と流通』(2011年、岩田書院) ISBN 978-4-87294-723-6

参考文献[編集]

  • 梶原等 増補改訂版『梶原景時-知られざる鎌倉本體の武士』 新人物往来社、2004年
  • 保田光則 『新撰陸奥風土記』 1860年

外部リンク[編集]

関連項目[編集]