梁瀬行雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

梁瀬行雄(やなせ ゆきお、1944年(昭和19年)6月15日 - )は、日本の銀行家。元あさひ銀行頭取、オリックス相談役。

来歴・人物[編集]

旧・埼玉銀行出身で、あさひ銀行最後の頭取。大和銀ホールディングスとの経営統合を決断し、りそなホールディングスの副社長を兼任。りそな銀行発足後にはHDの副社長専任となり、2003年の株主総会後に社長昇格が内定していたが、りそなグループの国有化で就任辞退を余儀なくされた[1]

その後、オリックスグループCEOの宮内義彦によってオリックスに迎えられ、同社の社長を歴任後、相談役に退いた[2]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “りそなに資本再注入決定へ 勝田社長ら5首脳が退任”. 共同通信. (2003年5月17日). http://www.47news.jp/CN/200305/CN2003051701000347.html 2014年6月4日閲覧。 
  2. ^ 役員人事 2011年6月22日付 (PDF) - オリックス