伊藤龍郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

伊藤 龍郎(いとう たつろう、1936年(昭和11年)7月23日 - )は、日本の銀行家。あさひ銀行頭取を務めた。愛知県出身。

人物・来歴[編集]

印刷業を営む家庭に生まれる[1]1959年名古屋大学経済学部卒業後、協和銀行入行。若かりし頃から将来の頭取候補として嘱望され、企画、人事など中枢部門を担い、2店の支店長も歴任した[2]埼玉銀行との合併の際には、常務企画本部長を務め交渉の初期段階からかかわり、合併後には大蔵省との折衝も務めた[3]。あさひ銀行が発足後の3年目には、副頭取埼玉駐在として、自宅から通えないことはなかったが、あえて浦和市に居を定め行内融和を推進した[2]

1997年に頭取に就任。トップ在任時には金融再編の時代に翻弄される中、難しい経営の舵取りを迫られた。2001年9月、迷走の末大和銀行との経営統合を決断。同年10月25日付で統合を決するまでに株価が急落したことや、2001年9月中間決算が赤字予想となったことを引責し退任。役員退職慰労金の受け取りも辞退した[4]

経歴[編集]

  • 1959年 - 名古屋大学経済学部卒業後、協和銀行(現:りそな銀行)入行。
  • 1986年 - 協和銀行取締役。
  • 1989年 - 同常務企画本部長。
  • 1991年 - 協和銀行と埼玉銀行が合併。協和埼玉銀行が誕生。専務取締役企画本部長。
  • 1994年 - 同副頭取埼玉駐在。
  • 1997年 - 同頭取。
  • 2001年 - 退任。

脚注[編集]

  1. ^ 「伊藤龍郎氏・あさひ銀行 金融再編にも自然体で 」『朝日新聞』1997年5月7日
  2. ^ a b 「新社長 伊藤龍郎 あさひ銀行」『週刊ダイヤモンド』1997年8月9号
  3. ^ 「新頭取に伊藤龍郎氏、会長に田中正氏 あさひ銀行」『朝日新聞』1997年4月16日
  4. ^ 「あさひ銀頭取、退職金返上へ 株価急落・赤字決算の責任はっきり」『朝日新聞』2001年10月25日
先代:
吉野重彦
あさひ銀行頭取
1997年 - 2001年
次代:
梁瀬行雄