桜井浜江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桜井 浜江(さくらい はまえ、1908年明治41年)- 2007年平成19年)2月12日)は、山形県山形市出身の洋画家。独立美術協会会員。

人物[編集]

1908年(明治41年)山形市宮町に生まれ、山形第一高等女学校を卒業。結婚を勧める親の反対を押し切って上京し、1928年~1930年まで協会洋画研究所で、日本のフォーヴィスム運動の中心人物である里見勝蔵の指導を受ける。里見が率いる独立美術協会と、後に三岸節子らとともに結成した女流画家協会を主な発表の舞台として、1931年(昭和6年)の独立美術協会展では初回から入選するなどし、意欲的な作品を描き続けた。作家志望である夫の秋沢三郎と文学仲間だった太宰治檀一雄と交流があり、太宰の短編「饗応夫人」でモデルとなったとされる。2007年(平成19年)2月12日、午前2時50分、急性心不全のため東京都三鷹市の病院で死去した。

略歴[編集]

  • 1908年(明治41年) 山形市宮町に生まれる。
  • 1927年(昭和2年) 山形第一高等女学校(後の山形西高)を卒業し上京する。
  • 1928年(昭和3年) 1930年まで協会洋画研究所に学ぶ。
  • 1931年(昭和6年) 独立美術協会展に初回から入選する。
  • 1934年(昭和9年) 東京都杉並区阿佐ヶ谷に住む。太宰治、啓一雄、外村繁、高橋幸雄緑川貢井伏鱒二ら、中央線沿線に住む文化人の溜まり場となる[1]
  • 1939年(昭和14年) 東京都三鷹市下連雀に転居する。
  • 1940年(昭和15年) この頃、夫の秋沢三郎と離婚する。
  • 1947年(昭和22年) 三岸節子らと女流画家協会を設立する。
  • 1995年(平成19年) 青梅市立美術館にて「桜井浜江画集-65年の軌跡」開催する。
  • 2007年(平成19年)2月12日 東京都三鷹市の病院で死去する。享年98。
  • 2008年(平成20年)3月29日 (財)山形美術館にて「生誕100年記念・桜井浜江展」が開催される。
  • 2008年(平成20年)10月4日 一宮市三岸節子記念美術館にて「生誕100年記念・桜井浜江展」が開催される。

主な作品[編集]

  • 「Tさんの像」
  • 「雪国の少年達」1941年
  • 「壺」1947年頃
  • 「人 物」1948年
  • 「樹(二)」1961年
  • 「立つ」1968年
  • 「風景」1986年
  • 「途上」
  • 「花無惨」1994年
  • 「雨あがるぶどう棚」1999年
  • 「富嶽」(絶筆)2002年

出版物[編集]

  • 『桜井浜江画集』(藝林社、1990年)

出典・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 檀一雄を歩く東京紅團