桑木あや雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桑木彧雄から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「桑木彧雄」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

桑木 彧雄(くわき あやお、1878年9月9日 - 1945年5月16日)は、日本の物理学者、科学史家。桑木厳翼の弟。東京生まれ。東京帝国大学物理学科卒。同大学理科大学講師、ついで助教授、1907年明治専門学校教授、14年九州帝国大学教授、38年松本高等学校校長、41年創立された日本科学史学会の初代会長となる。日本人として初めてアインシュタインに会い、相対性理論を広めた。哲学者の桑木務は子。

著書[編集]

  • 『験糖器之説明』 東京税務管理局 1902.5
  • 『普通力学』 高岡書店 1908.7
  • 『物理学序論』 下出書店 1921
  • 『絶対と相対』 下出書店 1921
  • 『物理学と認識』 改造社 1922
  • 『アインシュタイン伝』 改造社 1934 偉人伝全集
  • 『中等物理学教科書』 三省堂 1935
  • 『Western sciences in later Tokugawa period』 日本文化中央聯盟 1942
  • 『科学史考』 河出書房 1944
  • 『黎明期の日本科学』 弘文堂書房 1947

翻訳[編集]

  • 『物理学 ローレンツ』 長岡半太郎共訳 富山房 1913
  • 『アインスタイン相対性原理講話』 池田芳郎共訳 岩波書店 1921

親族[編集]