伊藤武男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊藤 武男(いとう たけお、1893年12月10日 - 1976年10月1日)は、日本蚕糸学者[1][2]上田繊維専門学校校長信州大学学長を務めた[1][2]農学博士[2]山口県岩国市出身。

タンパク質の物理化学的研究で知られ[1][2]、絹糸を構成するフィブロインおよびセリシンについて、そのアミノ酸組成を解明し、「農芸化学会誌」に発表した。

略歴[編集]

著作[編集]

  • 『絹糸の構造』(千曲会出版部、1957年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 講談社「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」『伊藤武男』 - コトバンク
  2. ^ a b c d 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」『伊藤 武男』 - コトバンク
  3. ^ 訃報欄 伊藤武男氏(元信州大学学長)『朝日新聞』1976年(昭和51年)10月2日朝刊、13版、23面