桂書房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桂書房
正式名称 桂書房
現況 事業継続中
種類 出版社
市場情報 非上場
出版者記号 905564, 903351, 905345, 86627
取次コード 0938又は4699
設立日 1983年1月
代表者 勝山敏一
本社郵便番号 930-0103
本社所在地 富山県富山市北代3683-11
ネット販売 自社サイト、オンライン書店
主要出版物 納棺夫日記
得意ジャンル 歴史書、文化・民俗書
外部リンク http://www.katsurabook.com/
テンプレートを表示

桂書房(かつらしょぼう)は1983年1月、勝山敏一により設立された、富山県富山市にある日本の出版社

概要[編集]

おもに富山県、北陸地方に関する著作物の発行をメインとする地方出版社でありながら毎年数多くの出版物を刊行しており、歴史・文化・民俗・宗教などに関する著書のほか、富山県で起きたイタイイタイ病や冤罪事件の氷見事件パワハラ(左遷問題)、虐め問題など、事件や社会問題に関する著書も刊行している。また自費出版の手助けも行っている。

1993年初版刊行、2006年に定本刊行された納棺夫日記青木新門著)を読んだ本木雅弘が感銘し、映画化を望み、紆余曲折の後「おくりびと」として上映された。

当出版社は出版梓会より、第24回(2008年度)梓会出版文化賞特別賞を受賞している。

刊行物[編集]

  • 『納棺夫日記』1993年3月刊行
  • 『定本 納棺夫日記』2006年4月刊行

など多数

関連項目[編集]

外部リンク[編集]