桂京丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桂 京丸(かつら きょうまる、本名:伊藤 総夫、1948年9月26日 - )は、千葉県東金市出身、落語芸術協会に所属していた噺家出囃子は『あじゃら』。

来歴[編集]

1968年(昭和43年)4月、四代目桂米丸に入門。1972年(昭和47年)4月二つ目昇進。三笑亭夢之助古今亭寿輔とは同期になる。

二つ目時代から新作落語に取り組み、『弁当屋の華麗なるかけ』や『正しいラーメンの食べ方』などといったやたら長い題の新作落語を自作していた。仲間うちからの信頼も厚く、何かと取りまとめ役になっていたという。

1983年(昭和58年)4月真打昇進。1985年(昭和60年)6月の第23回国立演芸場花形若手演芸会新人賞では前述の『正しいラーメンの食べ方』で銀賞を受賞した[2]が、その後ほどなくして廃業してしまった[1]。廃業以降の消息はよく分かっていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 正式な廃業時期は不明だが、1986年(昭和61年)3月の落語会に出演している事が確認できる[1]ため廃業したのはそれ以降と考えられる。

参考文献[編集]